NEWS

Bloomberg:Apple、広告代理店 TBWA\Chiat\Day への依存度を減らし、社内広告制作にシフト

Bloombergが、Appleは、これまでの、広告代理店「TBWA\Chiat\Day」に頼るのではなく、自社で広告を制作し、依存度を減らしていると伝えています。

Appleのコーポレートコミュニケーション部門PRディレクター Amy Bessette氏は、iPad AirのTV CM「Your Verse」は、ロビン・ウィリアムズ主演の映画「いまを生きる」に登場するジョン・キーティング教師のセリフを引用し、薄さだけでなくスポットを強調したCMだと述べたそうです。

内部のチームには、TBWA/Media Arts Labと、iPhoneのみの広告を手掛けていたTBWAチームの2人を雇い入れ、他に負けないアドバンテージの1つとして、鍵となる広告を制作し、競争力を回復するため、社内キャンペーンへとシフトしているとしています。


サムスン電子との訴訟の中で、4月に提出された資料から、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントPhilip W. Schiller氏が、TBWA/Media Arts LabのJames Vincent社長宛に送ったメールに、TBWA/Media Arts Labは、iPodとMacの象徴的な広告を制作したが、サムスンの広告と対抗して効果的では無かったとして、同社との関係を2013年1月に終了していたことが分かったそうです。

Appleは、TBWA\Media Arts LabのクリエイティブディレクターだったTyler Whisnand氏を雇用して、クリエイティブチームを率いさせていて、TBWA\Media Arts LabのミュージッククリエイターDavid Taylor氏を、Appleのミュジッククリエイターとして、2014年1月に雇用しており、TBWA\Media Arts LabのプランコンサルタントディレクターだったJordan Vadnais氏をマーコムコンサルタントとして4月に、Wieden+Kennedyの広告担当幹部だったBill Davenport氏を5月に雇用しているそうです。

TBWA\Media Arts LabのElena Hale CSOの元でAppleとの関係は継続されており、Tumblrで展開したiPhone 5Cキャンペーンは、同社の製作だそうですが、Apple社内チームとの競争が生まれているようです。

Philip W. Schiller氏と、AppleのCreative Director of Graphic Design担当ヴァイスプレジデントHiroki Asai氏らは、デジタル広告やSNSなどでの展開を進めるため、AKQAHUGEといった複数のデジタル広告会社とも契約を行っているそうです。

Bloombergは、Steve Jobs氏は、テレビと紙の広告に集中し、低解像度のオンライン広告や、コントロールが難しいSNS展開を控えめにしていたが、Appleは、明らかに新しい広告展開に向かっているとしています。


関連エントリー:AD Age:Apple、広告マーケティング部門を拡大


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事