NEWS

ロイター:Apple、iPhone/iPadパネル確保のため、シャープ亀山工場に10億ドルを投資?

亀山第2工場

亀山第2工場

ロイターが、MFグローバルFXA証券による顧客向けリポートの内容として、Appleは、iPhoneやiPadのスクリーンの安定供給を確保するため、シャープの亀山工場に10億ドル(約766億円)を投資する可能性があると指摘していると伝えています。

以前、日本経済新聞が、シャープは約1000億円を投じて、スマートフォンに使う中小型の液晶パネルの生産ラインを三重県の工場に新設し、Appleが投資額の多くを実質的に負担し、作ったパネルも大半を引き取ると伝えていましたので、Appleの投資額は約75%になると考えられます。


関連エントリー
DigiTimes:Apple、iPad 3の生産をキャンセル?
日本経済新聞:シャープ、亀山第2工場でiPad用高精細パネルを年内にも製造開始
日刊工業新聞:シャープ「iPhone 6」用液晶パネル生産工場の設備導入工事を開始
日本経済新聞、シャープと東芝、Apple向けの液晶パネル生産ラインを新設


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事