Mac

MacBook Pro (Late 2016)の「Touch Bar」について

Touch Bar

Touch Bar

Appleが、サポート情報「Use the Touch Bar on your MacBook Pro」を公開しています。

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)とMacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)に搭載された「Touch Bar」は、右側のTouch ID領域を除き、左端まで使用することが出来ます。


function keys

function keys

サポート情報「Using function keys on MacBook Pro with Touch Bar」で、通常、右側にはシステムコントロール関連の「Control Strip」が表示され、fnキーを押すことで、従来のF1–F12ファンクションボタンが表示できます。

また、メニューバーの入力メニューをクリックして、「キーボードビューアを表示」を選択することでも、ファンクションキーを選択できます。


ファンクションキー

ファンクションキー

また、システム環境設定>キーボードを選択し、ショートカットで、左側のサイドバーから、ファンクションキーを選択することで、常にファンクションキーを表示させることもできます。


Touch Bar for macOS Sierra

Touch Bar for macOS Sierra

Touch Barのカスタマイズは、Finderの表示>Touch Bar をカスタマイズを選択します。

ディスプレイにカスタマイズウィンドウが表示され、お気に入りのアイテムを選択することが可能です。


スイッチコントロールを有効にする

スイッチコントロールを有効にする

サポート情報「Use accessibility features with Touch Bar on your MacBook Pro」で、システム環境設定>アクセシビリティで、コントロールの切り替え>一般をクリックし「スイッチコントロールを有効にする」を選択すると、 スイッチコントロールのホームパネルがデスクトップに表示されます。


Touch Barの切り替え

Touch Barの切り替え

次に、スイッチコントロールのホームパネルで「システム」をクリックし「Touch Barの切り替え」をクリックすると、MacBook Proの画面にTouch Barが表示されます。


Touch IDボタンを3回連続押すと、アクセシビリティオプションが表示されます。

従来は、function + command + option + F5の4つのキーで起動していました。

また、Commandキーを押したままTouch IDボタンを3回連続押すと、VoiceOverが起動します。


Touch Barズームを有効にする

Touch Barズームを有効にする

システム環境設定>アクセシビリティで「ズーム」を選択し「Touch Barズームを有効にする」をオンにして、Touch Bar上を指でドラッグすると、ディスプレイがズーム表示されます。


関連エントリー
MacBook Pro (Late 2016)の「Touch ID」について
MacBook Pro (Late 2016)の「Wallet と Apple Pay」について
Apple、MacBook Pro (Late 2016)シリーズから起動音を廃止
MacBook Pro (Late 2016)の各モデルによる仕様差について
MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 Ports) をチェック
MacBook Pro (Retina, Late 2016) ベンチマーク
Apple Store「MacBook Pro (Late 2016)」の展示開始
MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Thunderbolt 3ポートx 2) - 技術仕様



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事