Mac

Apple、MacBook Pro (Late 2016)シリーズから起動音を廃止

MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt Ports)

MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt Ports)

Appleが発売した「MacBook Pro (Late 2016)」から、電源オン時になる「起動音」が廃止されています。

Appleのサポート情報「Mac の NVRAM をリセットする方法」に、NVRAM をリセットする方法として、起動音が聞こえたらすぐに、「command + option + P + R」キーを同時に押し、そのまま押し続けるとありますが、サポート情報「Mac の起動音について」の中で、2016 年後期からそれ以降に発売されたモデルの Mac(MacBook Air (13-inch, 2017)除く) では、起動音は鳴らないと説明されています。

開くと自動的に電源オンになる機能が追加されたことで起動音は廃止となったようです。


MacRumorsのフォーラム「[TUTORIAL] Disable auto boot on new Macbook Pros」によると、システム的に制御されており、ターミナル操作することで、自動起動を無効にしたり、起動時に起動音をオンにすることが可能だそうです。


:Touch Bar付きMacBook Proの場合、ターミナルで実行出来ても起動音は鳴りません。


関連エントリー
MacBook Pro (Late 2016)の各モデルによる仕様差について
MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 Ports) をチェック
MacBook Pro (Retina, Late 2016) ベンチマーク
Apple Store「MacBook Pro (Late 2016)」の展示開始



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事