Mac OS X

macOS Catalina:組み込まれているフォントについて

macOS Catalina に組み込まれているフォント

macOS Catalina に組み込まれているフォント

Appleが、サポート情報「macOS Catalina に組み込まれているフォント」を公開しています。

以前の「macOS Mojave に組み込まれているフォント」と比較して、デフォルトでインストールされているフォント数は46書体増えた533書体となります。

Galvji(ラトビア語フォント)に加え、GoogleフォントのMuktaMaheeや、Googleの世界中の言語をサポートすることを目標にしたNotoのNoto Sans Kannada、Noto Sans Myanmar、Noto Sans Oriya、Noto Serif Myanmarなどが含まれています。


macOS Catalina で書類をサポートするために使えるフォント

macOS Catalina で書類をサポートするために使えるフォント

Font Bookからダウンロード追加可能なフォントは、155書体増えた261書体となります。

なお、macOS Mojaveに含まれていた「Hiragino Kaku Gothic StdN W8 13.0d2e7」は、macOS Catalinaでは、書類をサポートするために使えるフォント「Hiragino Kaku Gothic StdN W8 15.0d1e3」となり、このフォントがすでに使われている書類や、そのフォントが名前で指定されている App の中でだけ利用できるフォント扱いに変わっています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事