Mac OS X

macOS Mojave:新しいユーティリティ「スクリーンショット」の使い方

macOS Mojave:スクリーンショット

macOS Mojave:スクリーンショット

macOS Mojaveから、これまでユーティリティとしてバンドルされていた「グラブ」が、新しく「スクリーンショット」というアプリに変わりました。

スクリーンショットアプリを起動すると、直ぐにスクリーンショットと収録のオプションが表示されます。

画面全体を取り込む、選択したウィンドウを取り込む、選択部分を取り込む、画面全体を収録、選択部分を収録が選択できます。


macOS Mojave:スクリーンショット

macOS Mojave:スクリーンショット

ショートカットに関しては、これまでのグラブアプリを使ったスクリーンショットのショートカットと同じですが「Shift+コマンド+5」を押して「スクリーンショットと収録のオプション」を呼び出すショートカットが追加されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事