Mac OS X

macOS High Sierra:旧Final Cut Pro、Logic Proアプリケーションは動作しない

Final Cut Studio

Final Cut Studio

Appleが、サポート情報「Apple プロ向けアプリケーションと macOS High Sierra について」を公開し、macOS High Sierraに対応したFinal Cut Pro X、Motion、Compressor、Logic Pro X、MainStageのバージョンについて説明しています。

この中で、以前のバージョンの該当アプリケーションとして「Final Cut Studio」や「Logic Studio」は、macOS High Sierra に対応していません。(付属アプリケーションを含む)と説明がされています。


iOS 11で32bitアプリのサポートが終了し起動出来なくなりますが、macOS High Sierraは、32bitアプリが起動する最後のmacOSだと説明していますが、2018年1月からMac App Storeで配信登録出来るアプリが64bitだけになります。

この動きにいち早く合わせる形として、Final Cut Studio、Logic Studioも起動出来なくなるようです。

これらのアプリケーションで制作作業を行われてる方は、アップデートを行わないか、新しいApple Proアプリケーションに移行する必要があります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事