Mac OS X

Apple、新しいMac用OS「macOS Sierra」を発表

macOS Sierra

macOS Sierra

Appleが、WWDC2016の基調講演において、Mac用OSの名前を「macOS」と変更し、その最新版「macOS Sierra」(OS X v10.12)を発表しています。

デベロッパー向けのプレビュー版は今日から提供開始され、公式リリースは2016年秋に行うそうです。


Apple Watchでログイン認証が可能になると説明しました。

また、iOSからのコピーしたコンテンツを、MacやiPadにペーストすることが簡単に行える「ユニバーサルクリップボード」機能を追加することも可能になると説明しました。


ディスクが一杯になった場合、古いファイルを自動的にクラウド上に移動する「最適化したストレージ」機能も搭載すると説明しました。

Apple Payを、Touch IDデバイスを搭載したデバイスで認証し、MacのSafari上で決済出来る「Apple Pay on the web」機能を提供することも発表しています。


全てのアプリケーションでタブ化することが可能になり、macOS SierraでSiriが利用可能になると説明しました。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事