Mac OS X

デバイス間を横断して使用でき、マップ、iBookなどを搭載した「OS X Mavericks」を秋にリリースすると発表

OS X Mavericks

OS X Mavericks

Appleが、WWDC2013において、デバイス間を横断して使用でき、マップ、iBookなどを搭載した「OS X Mavericks」を秋にリリースすると発表しています。


Finderタブを利用出来るようになった。またマルチディスプレイに対応し、タグだけで検索や書類などを管理することが出来るようになる。

AirPayも含めて独立したディスプレイとして利用することが可能になる。

バッテリー持続時間やメモリ使用量もコントロール可能になり、また、CPUの稼働時間を72%削減可能になり、空きメモリを圧縮することで、パフォーマンスを向上させると説明した。

Safariのパフォーマンスを更に向上させ、メモリ管理機能も向上した。スクロール速度が向上し、リーディングリストに追加したサイトが連続して読めるようになった。

iCloud Key Chainは、様々なサイトログインを行う場合、一度ログインを行えば記憶され、その情報をiCloud Key Chainを通じて他のMacでも利用可能になる

通知センターから直接返事を行ったりすることが出来るようになった。また、iOS宛の通知も表示可能になり、スリープ中の通知も一気に表示されるようになった。

Mapsが提供され、iOSと同じくカーナビゲーション機能も利用可能になり、Macで設定したナビ情報をiOSに送信することが可能になった。

カレンダーは、イベントから次のイベントまでの移動時間を計算可能になり、これらの情報をiOSと同期することが出来る。

iBookをMacにも提供する。iBooks for Macではテキストを選択して付箋のように保存し、それらを暗記カードのように使用することが出来る。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事