ハードウェア

Super TalentのM.2 SSDを2つ使用したUSB 3.1 Gen 2対応ポータブルRAIDドライブ「USB 3.1 Portable RAIDDrive」試す

USB 3.1 Portable RAIDDrive

USB 3.1 Portable RAIDDrive

アーキサイトが販売する、Super Talent TechnologyのSATA Expressの小型版「M.2」接続SSDを2つ使用したUSB 3.1 Gen 2対応ポータブルRAIDドライブ「USB 3.1 Portable RAIDDrive」(FUW960UCU0)を試してみました。


FUW960UCU0

FUW960UCU0

2台のM.2 SSDをストライピング(RAID 0)構成にすることで、最大シーケンシャルリード750MB/s、最大シーケンシャルライト700MB/sの(理論値)の高速転送を実現したポータブルドライブです。


FUW960UCU0

FUW960UCU0

本体の重さは67gととても軽量です。

USB3.0 Aコネクタ オス - USB3.0 マイクロBコネクタ オスケーブルに加え、USB-Cコネクタ - USB3.0 マイクロBコネクタ オスケーブルが付属しています。


ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティ

出荷時のドライブは、Winodws NTファイルシステム(NTFS)フォーマットで、Macでマウントした場合、読み込みしか出来ないため、ディスクユーティリティで「消去」を選び、フォーマットします。

フォーマットは「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を、方式は「GUIDパーティションマップ」を選択します。


USB 3.1 Portable RAIDDrive

USB 3.1 Portable RAIDDrive

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)のThunderbolt 3ポートに接続し、USB 3.1 Portable RAIDDriveから、写真や動画など795ファイル、34GB分をMacにコピーした場合の時間を計測してみました。

1分07秒程度で完了しました。


MacBook Pro (15-inch, Late 2016)

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)

MacBook Pro (15-inch, Late 2016)のThunderbolt 3ポートに接続し、AJA System Testでベンチマーク計測してみました。

Read 737MB/s、Write 693MB/sという結果で、製品性能に近い性能が出ていることが確認できました。

USB 3.1 Gen 2(10Gbps)性能が発揮されています。


MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)のUSB-Cポートに接続し、AJA System Testでベンチマーク計測してみました。

Read 225MB/s、Write 381MB/sという結果でした。

USB-Cポートが、USB 3.1 Gen 1(5Gbps)性能のため、USB 3.1 Portable RAIDDrive性能は発揮出来ないようです。


MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

USB3.0 Type-Aコネクタケーブルを使用し、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)でも計測してみました。

Read 139MB/s、Write 387MB/sという結果でした。

こちらも、USB 3.1 Gen 1(5Gbps)性能のため、USB 3.1 Portable RAIDDrive性能は発揮出来ないようです。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事