etc / デジカメ

CP+2016:ソニー、ミラーレス一眼カメラ「α6300」を展示

α6300

α6300

CP+2016において、ソニーが、新開発の有効約2420万画素APS-CサイズExmor CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「α6300」を展示していました。

最高ISO51200の高感度撮影や解像力の高い4K動画記録も行えます。


α6300

α6300

世界最多2425点の像面位相差AFセンサーをイメージセンサーの画面ほぼ全域に配置し、高精度なピント合わせが可能となっています。

さらに、位相差AFとコントラストAFを併用した進化したファストハイブリットAFや最適化した画像処理エンジンBIONZ Xにより、世界最速となる10.05秒のAFを実現しています。


α6300

α6300

Super 35mmフォーマットでの高解像な4K動画が本体内で記録可能で、画素加算のない全画素読み出しにより、4K(QFHD:3840×2160)映像に必要な画素数の約2.4倍(6K相当)の豊富な情報量を凝縮して4K映像を出力します。

また、オーバーサンプリング効果により、圧倒的な解像力を誇る4K画質を実現しています。


α6300

α6300

ボディはフルマグネシウム合金を採用し、防塵・防滴仕様となっています。

ファインダーには高コントラスト・高解像度の「XGA OLED Tru-Finder」を搭載し、ファインダー上に高フレームレート(120fps)で滑らかにライブビュー表示できるモードの追加など、表示性能も進化しています。


α6300

α6300

3.0型約92万ドットのチルト可動式液晶モニターを採用し、上方向に約90度、下方向に約45度まで角度を調節できます。

なお、タッチパネル方式ではありません。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事