etc / デジカメ

ソニーの4K出力対応高感度レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7S」をチェック

ILCE-7S

ILCE-7S

ソニーが、ソニー デジタルイメージング 新商品体験会を開催し、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7S」(ILCE-7S)の展示を行っていたのでチェックしてきました。

α7ボディはそのままに、新開発の有効約1220万画素35mmフルサイズ Exmor CMOSイメージセンサーを搭載し、静止画・動画ともに常用ISO100〜102400、拡張50〜409600の圧倒的に広い感度域による高感度・低ノイズ撮影を可能にしたレンズ交換式カメラです。


軍艦回りは、従来のα7シリーズと共通となっています。

センサーサイズをα7R(有効約3,640万画素)、「α7」(同約2,430万画素)から大幅に減らし、α6000から採用した新世代RGBカラーフィルターにより、α7比でセンサーの感度特性が3倍、飽和信号量が約2.3倍向上しているそうです。


背面側も特に変更はありませんが、電子シャッターを用いた「サイレント撮影」機能が搭載されています。

なお、α7Rと同じファストインテリジェントAFが搭載されていますが、像面位相差AFは非搭載となっています。


4K動画撮影に関してですが、35mmフルサイズセンサーで画素加算することなく、全画素情報読み出しでの4K動画出力(YCbCr 4:2:2 8bit)を実現しているそうです。

ただ、カメラ内には記録することが出来ず、HDMI出力によるレックコントロール機能によって外付けレコーダーを必要とします。

4K出力は3,840×2,160/30fpと説明していました。


ATOMOS SHOGUN

ATOMOS SHOGUN

よって、α7Sで4K動画記録を行うためには、2014年9月出荷予定の「ATOMOS SHOGUN」といった外部モニターレコーダー機器が必要で、バッテリーなどシネマシステムを組む必要があると思います。

4K動画を本体内記録が可能なLUMIX GH4が存在する中で、業務用途向けの機能だと思いました。


(ソニーマーケティングの許可を得て撮影を行っています)




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事