etc / デジカメ

CP+2014:シグマ、Foveon X3 ダイレクトイメージセンサー「Quattro」搭載デジタルカメラ「SIGMA dp2 Quattro」を展示

SIGMA dp2 Quattro

SIGMA dp2 Quattro

CP+2014において、シグマが、Foveon X3 ダイレクトイメージセンサー「Quattro」を搭載した高画質コンパクトデジタルカメラ「SIGMA dp2 Quattro」の展示を行っていました。

シグマは「ストレート・カメラ」と呼んでいて、ケース展示されていた「dp1」「dp3」の状態から、かなり以前にレンズ一体型ボディデザインは決まっていたと考えられます。

なお、レンズによって3種類のモデルが有るのは、DP Merrillシリーズと同じで、設計変更したdp1を除き、レンズ構成は変わらないそうです。

SIGMA DP Merrillシリーズとは別の製品として、かなり長いロードマップが計画されていることを伺わせます。


上から見ると、通常レンズ側にあるグリップが、背面液晶側にあることが分かります。

操作ダイヤルが2つ用意されていて、AFはコントラスト検出式、MFはフォーカスリングで行なう操作方式となっています。


3型約92万ドット液晶モニターが搭載されていて、AEロックボタンも搭載されています。


実際に持ってみた感じは、指を掛ける感じではなく、コップを持っているような感じになり、レンズを正面に向けるという動作として理に叶っている印象を受けました。

また、思った以上に重量バランスが良く、軽く感じました。


関連エントリー:CP+2014:シグマ、山木和人社長が語る「Quattroセンサーについて」ステージ講演(変態とキレッキレ)




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事