etc / デジカメ

CP+2014:キヤノン「PowerShot SX700 HS」と「PowerShot SX600 HS」を展示

PowerShot SX700 HS

PowerShot SX700 HS

CP+2014において、キヤノンが、光学30倍ズームデジタルカメラ「PowerShot SX700 HS」と、光学18倍ズームデジタルカメラ「PowerShot SX600 HS」の展示を行っていました。

PowerShot SX280 HSの後継機種で、よほど売れていたのか、高性能型と普及型の2機種構成となっています。

PowerShot SX700 HSは、約1,680万画素1/2.3型高感度CMOSセンサーを採用し、35mm換算で25-750mmの光学30倍ズームレンズを搭載しています。


プログレッシブファインズームで60倍撮影が可能で、DIGIC 6や5軸の手ブレ補正が継続採用されています。

また、約92万ドット3型液晶モニターを採用し、Wi-Fi機能も搭載されています。


PowerShot SX600 HS

PowerShot SX600 HS

PowerShot SX600 HSは、約1,680万画素1/2.3型高感度CMOSセンサーを採用し、35mm換算で25-450mmの光学18倍ズームレンズを搭載しています。

エンジンは、DIGIC 4+で、動画撮影は1920×1080(30fps)となっています。

こちらのモデルにもWi-Fi機能が搭載されているので、iPhone/iPad連携機としては良いと思います。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事