etc / デジカメ

キヤノンの小型デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット」をチェック

EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット

EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット

キヤノンが、2013年11月28日から発売を開始した「EOS Kiss X7」のホワイトモデル「EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット」をモニターで借りる事が出来ました。

キヤノンのデジタル一眼レフカメラとして初のホワイトボディーを採用したモデルで、パンケーキレンズと標準ズームレンズのダブルレンズキットのみの発売となる製品です。

EOS Kiss X7自体については以前レポートしているので細かくはそちらを参照して下さい。


特徴としては、ホワイトボディだけでなく、最短撮影距離0.3m、撮影倍率0.18倍。円形絞りの採用により、美しいボケ味を実現した「EF40mm F2.8 STM」のホワイトモデルが同梱されています。

また、グレー色のワイドストラップも付属し、どちらも単体販売はされていません。


ミラーレスデジタルカメラの「EOS M2」のホワイトモデルと違い、ボディ色に対してグリップだけがグレー色になっているだけでなく、シャッターボタン、モードダイヤル、ISO感度設定ボタン、電子ダイヤル、電源スイッチ、モードダイヤルなどもカラーが異なっています。


背面側は、ファインダー回りと、背面液晶モニター以外は、専用カラーパーツが使用されており、キヤノンが本気で作ったホワイトモデルのようです。


ただ、標準ズームレンズの「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」は、通常のモデルが同梱されています。

これも専用のホワイトモデルとするかどうかより、元々は、EOS Kiss X7(ホワイト)とパンケーキレンズとのセットモデルを販売する予定だったんじゃないかと思っています。


関連エントリー:キヤノンの世界最小・最軽量を実現したデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」をチェック





関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事