etc / デジカメ

ソニー、広角から望遠までを全域開放F値2.8の明るさで撮影できるデジタルスチルカメラ「Cyber-shot RX10」を発表

Cyber-shot RX10

Cyber-shot RX10

ソニーが、広角から望遠までを全域開放F値2.8の明るさで撮影できるデジタルスチルカメラ「Cyber-shot RX10」を11月15日から発売開始すると発表しています。

全域開放F値2.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを搭載し、離れた場所にいる人物の自然な表情から、広大な風景に至るまで、多彩なシーンを1台のカメラで自在に撮影できるデジタルカメラです。

1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」や、従来比約3倍の高速処理性能を実現する新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載することで、高い暗所性能に加え、質感や高精細感を忠実に再現するそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事