etc / デジカメ

ソニーのレンズスタイルカメラ「Cyber-shot DSC-QX10」を試す

Cyber-shot DSC-QX10

Cyber-shot DSC-QX10

ソニーが10月25日から発売開始するレンズスタイルカメラ「Cyber-shot DSC-QX10icon」を試してみました。

パッケージは、本体カラーに合わせた丸いパッケージに入っています。


本体背面のフタを開けると、NP-BNバッテリー(別売はNP-BN1)と、メモリースティック マイクロとmicroSDHCメモリーカード兼用記録メディアスロットが装備されています。

このフタの裏にWi-Fiダイレクトアクセスポイント名とパスワードが記載されています。

マニュアルにも記載がありますが、他の方がWi-Fiダイレクト接続しようとする場合、いちいち裏フタを開ける必要があります。


micro-USBコネクタがある入出力端子カバーですが、爪が小さく開けにくい感じがします。

しばらく使っているうちに爪が折れてパカパカになりそうな気がします。


iPhone 5シリーズに装着して使用する場合、アタッチメント部で挟んで使用しますが、結構アタッチメントのクリップ部分が液晶面に露出するので、ずっと挟んで使用するとエッジスワイプジェスチャー操作がし難いです。


装着して使用するよりも、離して使用するのが自然な気がします。

DSC-QX10本体を起動してコネクションを成立し、iPhone/iPadアプリ「PlayMemories Mobile」を起動していると時間がかかるので、瞬間写真撮影はiOS標準カメラ機能を利用してしまうかもしれません。


Cyber-shot DSC-WX200

Cyber-shot DSC-WX200

カメラ仕様は同じで、Wi-Fiリモート撮影が出来るだけでなく、しかもピクチャーエフェクト、スイングパノラマ、ビューティーエフェクト、背景ぼかしなどが利用でき、背面液晶を見ながら撮影のレスポンスなどが行える「Cyber-shot DSC-WX200icon」の方が実用性は高いような気がします。


関連エントリー:ソニーのレンズスタイルカメラ「Cyber-shot DSC-QX10」をチェック




ソニーストア


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事