etc / デジカメ

ソニーのWi-Fi機能やコントロールダイヤルを搭載したデジタル一眼カメラ「NEX-5R」をチェック

NEX-5R

NEX-5R

ソニーが、ソニーストア名古屋にて「「NEX-5R」「NEX-6」特別体験会」を開催したので「NEX-5Ricon」をチェックしてきました。

IFA2012で展示されていたのと同じで、ファストハイブリッドAF、Wi-FI機能、PlayMemories Camera Appsといった機能が追加されています。


NEX-5Nと比べて大きく違う点は、コントロールダイヤルが追加されたことです。

このため、動画録画ボタンと再生ボタンの位置が変更されています。


このコントロールダイヤルは、背面のコントロールホイールと機能的には同じですが、電源ボタン横に新設されたファンクションボタンに最大6個まで機能割当が出来るので、必要な機能を呼び出してコントロールすることが持ち手1つで出来るようになったことは大きいと思います。


ファストハイブリッドAFについては、わざわざパネルが立てられて説明がされていました。

このパネルの説明を見て分かる通り、ボディ側ではなくレンズ側に組込まれている機能で、位相差検出方式AF非対応レンズ装着時、またはマウントアダプター「LA-EA1」装着時にはコントラストAFのみとなります。

また、Aマウントアダプター「LA-EA2」装着時にはTranslucent Mirror Technologyによる位相差AFになるそうです。


背面液晶パネルは、NEX-5Nから採用されたタッチパネル液晶モニターが継続採用されています。

従来は、このタッチパネルとコントロールホイールの両方で操作が可能でしたが、これにコントロールダイヤルが加わりました。


NEX-F3から液晶モニターが180度可動になり自分撮りが出来るようになりましたが、NEX-5Rではヒンジの位置が変更されたため、下方向は約50度まで角度調節が可能となっています。


新しくカメラにアプリを追加出来る「PlayMemories Camera Apps」機能にも対応しています。

また、コンパクトカメラの「Cyber-shot DSC-HX30V」と同様のWi-Fi機能と同様に、iPhone/iPadアプリ「PlayMemories Mobile」と連携してスマートフォン転送も可能になっています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事