etc / Apple Apps

Apple、共同制作機能を強化したMac用アプリ「Keynote 11.2」「Numbers 11.2」「Pages 11.2」を配布開始

iWorks for Mac

iWorks for Mac

Appleが、Mac用アプリ「Keynote 11.2」「Numbers 11.2」「Pages 11.2」をMac App Storeにて配布を開始しています。

システム環境は、macOS Big Sur 11.0 以降となっています。


iWorks for Mac共通の新機能

・ 参加者が共有書類にほかの参加者を追加できるため、柔軟に共同制作を行うことができます。*
・選択したテキストを瞬時に最大11言語に翻訳することができ、1回のクリックで翻訳を書類に追加できます。*
・Dockのアプリケーションアイコンから新規書類を作成できます。
・レーダーグラフは、複数の変数を視覚的に一度に比較して、データの類似点と相違点を簡単に示すことができます。


Pagesの新機能

・見開き2ページ、最適化されたイメージ、より柔軟なバージョン管理を使用してブックを公開できるようになりました。


Numbersの新機能

・ピボットテーブルを使用して、強力かつ柔軟な方法でデータを表示したり、分析したりできます。
・数回クリックするだけで美しいフォーマットのピボットテーブルを作成できます。
・素早くデータを集計したり、グループ化したり、並べ替えたりして、パターンやトレンドを発見できます。
・素早く合計、平均、件数を表示したり、パーセントや累計値を表示したりできます。
・ピボットグラフを追加して、さまざまな方法でデータを表示できます。
・ピボットテーブルが含まれるExcelスプレッドシートの読み込みや書き出しができます。
・クイックフィルタが強化されて、値の表示/非表示を切り替えやすくなりました。また、フィルタが改善されて、データ内の重複エントリーや一意値を見つけることができるようになりました。


Keynoteの新機能

・ライブビデオで、Macのカメラを使用して(ウインドウまたはフルスクリーンで)直接スライド上に自分を映すと、プレゼンテーションがより魅力的になります。
・複数のカメラを接続して、さまざまなアングルのライブビデオを映すことができます。
・接続されているiPhoneまたはiPadの画面のライブフィードを追加できます。
・複数発表者スライドショーでは、参加者が交代で自分のデバイスから共有プレゼンテーションを制御できます。
・新しいスライドショーコントロールが追加され、プレゼンテーション中にスライドナビゲータ、キーボードショートカット、ライブ・ビデオ・ソース、または複数発表者コントロールに簡単にアクセスできるようになりました。


* macOS Montereyが必要です。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事