iOS

Apple、最新iOS「iOS 16」を発表

iOS 16

iOS 16

Appleが、WWDC22において、多くの機能を追加した最新iOS「iOS 16」を2022年秋にフリーアップデートとして提供すると発表しています。

iOS 16は、ユーザーはロック画面のパーソナライズ、iCloud共有写真ライブラリへの家族の写真の保存、送信したメッセージの取り消し、メール送信の予約が可能になり、「テキスト認識表示」と「画像を調べる」を使ってさらに多くの発見ができるようになります。


ロック画面

ロック画面

ロック画面に過去最大のアップデートが行われたほか、新しい共有、コミュニケーション、知能の機能を提供し、これらが組み合わさることでユーザーがiPhoneを体験する方法が一変します。

iOS 16では、ユーザーはロック画面のパーソナライズ、iCloud共有写真ライブラリへの家族の写真の保存、送信したメッセージの取り消し、メール送信の予約が可能になり、「テキスト認識表示」と「画像を調べる」を使ってさらに多くの発見ができるようになります


ロック画面

ロック画面

ロック画面では、Apple Watchのコンプリケーションからインスピレーションを得たウィジェットが採用され、今後予定されているカレンダーのイベント、天気、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗などの様々な情報を一目で簡単にチェックできます。

新しいロック画面のギャラリーには、特別な文化的なモーメントを祝うプライドやユニティを含むAppleコレクション、一日を通じて変化する天気予報をライブで確認できる「天気」の壁紙、地球、月、太陽系を表示するアストロノミーの壁紙など、インスピレーションを刺激する幅広い選択肢が用意されています。


SharePlay

SharePlay

通知は、パーソナライズされたロック画面をはっきりと見ることができるように、画面下部から表示されるように再設計されました。

集中モードがよりパワフルに、より設定しやすくなり、ロック画面と関連付けて、ロック画面の壁紙やウィジェットと特定の集中モードを連動させることができるようになりました。

集中モードを有効にするには、対応するロック画面にスワイプするだけです。

集中モードフィルタでは、カレンダー、メール、メッセージ、Safariなどのアプリケーションでユーザーの集中モードに関連するコンテンツだけを表示することができ、ユーザーがより良いバランスを見出すのに役立ちます。


集中モード

集中モード

集中モードは、ユーザーが集中したいことに基づいて通知やアプリケーションをフィルタリングする新機能です。ユーザーは、独自の「集中モード」を作成するか、提案された集中モードを選択することで、今この瞬間に集中できるようにデバイスを設定することができます。

提案された集中モードは、デバイス上のインテリジェンスを利用して、通知を許可する人やアプリケーションを提案するもので、集中モードの提案は、勤務時間中や就寝前など、ユーザーの状況に基づいて行われ、1台のAppleデバイスで集中モードを設定すると、他のAppleデバイスにも自動的に適用されます。

ユーザーは、集中モードの瞬間に適用されるアプリやウィジェットでホーム画面のページを作成し、関連するアプリのみを表示して誘惑を減らすことができます。

また、集中モードで通知をブロックしているときは、メッセージでユーザーの状態が自動的に他のユーザーに表示され、現在連絡が取れない状態であることが反映されます。


iCloud共有写真ライブラリ

iCloud共有写真ライブラリ

iCloud共有写真ライブラリは、最大6人のユーザーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる独立したiCloudライブラリで、家族に写真をシームレスに共有する新しい方法をもたらします。

ユーザーは、個人ライブラリから既存の写真を共有したり、共有を開始する日または写真に写っている人をもとに共有することもできます。また、カメラアプリケーションの新しい切り替え機能を使って、共有ライブラリに写真を自動的に送信するように選択することもできます。

また、共有写真ライブラリに参加している人が写っている写真を共有するように促す賢い提案も受け取れます。共有写真ライブラリのすべてのユーザーは、共有する写真やビデオを追加、削除、編集したり、お気に入りに追加できます。これらは各ユーザーのメモリーとおすすめの写真に表示されるので、全員がより完全な形で家族の思い出を追体験できます。


メールの新しいツール

メールの新しいツール

ユーザーはEメールの送信を前もって予約でき、受信者の受信ボックスに届く前の短い間に、メッセージの送信を取り消すこともできるようになります。

ユーザーがメッセージに添付ファイルなどの重要な内容を入れ忘れた場合は、メールが検知してくれます。また、「あとでリマインダー」を使って、任意の日時にメッセージを再表示させることもできます。「フォローアップの提案」では、返信を受け取っていないEメールのフォローアップをするよう、ユーザーに自動的にリマインドします。

メールでは、これまでで最大規模の検索機能の見直しも行われ、最先端の技術を使って一段と関連性が高く、正確で精度の高い結果が提示されます。

ユーザーがEメールの検索を始めると直ちに最近のEメール、連絡先、書類、リンクが表示されます。


テキスト認識表示

テキスト認識表示

「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使ってiOS全体で画像の中のテキストを認識し、この機能がビデオにまで広がりました。

ユーザーは、あらゆるフレームでビデオを一時停止して、テキストを操作できます。

また、「テキスト認識表示」に、ユーザーがすばやく通貨を変換したりテキストを翻訳したりできる機能も加わります。

「画像を調べる」には、画像内の対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどのアプリケーションに配置する新機能が導入され、写真をより活用できるようにします。

また、「画像を調べる」が鳥、昆虫、彫像を認識するように拡張されました。


Apple Payで後払い

Apple Payで後払い

「Apple Payで後払い」は、米国のユーザーがApple Payを使った購入の代金を6週間にわたる均等な4回払いに分割でき、無利子で手数料が一切かからない、シームレスで安全な支払い方法です。

Appleウォレットに組み込まれ、ユーザーの経済的な健全性を考慮して設計された「Apple Payで後払い」により、「Apple Payで後払い」の支払い情報をウォレット内で簡単に表示、管理し、返済することができます。

ユーザーは、Apple Payまたはウォレットで支払いを行う際に「Apple Payで後払い」を選択できます。「Apple Payで後払い」は、Apple Payが使える場所であれば、オンラインでもアプリケーション内でも、マスターカードのネットワークを使ってどこでも利用できます。

さらに、「Apple Payで注文の追跡」に対応している業者でApple Payを使って購入すると、詳細なレシートと注文追跡情報をウォレットで受け取ることができます。


ウォレット内の身分証明書

ウォレット内の身分証明書

ウォレットの鍵と身分証明書への対応が拡大しました。ユーザーは、本人確認と年齢確認が必要なアプリケーションにウォレット内の身分証明書を使うことができます。

プライバシーが保護され安全な体験を提供するため、アプリケーションには、取引に必要な情報のみが提供されます。

ユーザーは、共有される情報を確認でき、Face IDまたはTouch IDを使って共有について同意することができます。

さらに、ユーザーは、ウォレットに保存した自宅、ホテル、オフィス、車の鍵を、メッセージやメールなどのメッセージアプリケーションを使って安全に共有できます。


共有タブグループ

共有タブグループ

ファミリー共有は、はじめから適切なペアレンタルコントロールを設定して子どものアカウントを設定するための、より簡単な方法を提供します。

これには、アプリケーション、映画、ブック、音楽などへのアクセスを年齢に応じて適切に制限する提案や、新しいデバイスのセットアップ時に既存のペアレンタルコントロールを自動的に適用する、よりシンプルなプロセスが含まれます。

子どもからスクリーンタイムの延長をリクエストされた場合は、保護者はメッセージアプリケーション内ですぐに承認または却下できます。


ホームアプリケーション

ホームアプリケーション

ホームアプリケーションでは、ユーザーはより簡単にアクセサリを操作、整理、表示できるようになり、基盤となるアーキテクチャの拡張によって、一段と効率性と信頼性の高い方法でスマートホームをコントロールできます。

iOS 16のソフトウェアアップデートにより、スマートホームの接続規格である「Matter」に今年秋の提供開始後に対応し、幅広いスマートホームアクセサリが様々なプラットフォーム間でシームレスに連係できるようになります。

これにより、スマートホームの真のビジョンの実現に向けて前進します。


天気

天気

すべてのiPhoneユーザーが、Apple Watchを持っていなくても、フィットネスアプリケーションを使ってフィットネスの目標を追跡し、達成できるようになりました。

iPhoneユーザーは、フィットネスアプリケーションで毎日のムーブゴールを設定し、消費したアクティブカロリーがムーブリングを完成させるためにどの程度役立っているかを確認できます。

iPhoneのモーションセンサーは、歩数、移動距離、上った階数、他社製アプリケーションからのワークアウトを追跡することができ、それらをアクティブカロリーの推定消費量に換算して、ユーザーが毎日のムーブゴールを達成するのを手伝います。

また、ユーザーはモチベーションをさらに高めるために、ムーブリングを友達と共有することもできます。


メモ

メモ

ヘルスケアアプリケーションに「服薬」が加わり、ユーザーは服薬リストを便利に作成および管理したり、スケジュールとリマインダーを作成したり、薬、ビタミン、サプリメントの服用を記録できるようになります。

米国では、ユーザーはiPhoneのカメラをラベルに向けるだけで、薬を追加したり、服用している薬の説明書を読んだり、服用している薬の間で重大な相互作用が起こる可能性がある場合に通知を受け取ったりすることができます。

さらに、ユーザーはヘルスケアアプリケーションから直接、自分の健康に関するデータを大切な人と共有したり、かかりつけの医療機関から健康に関する記録を取得してPDFを簡単に作成したりすることができます。


ドアの検知

ドアの検知

アクセシビリティのアップデートには、視覚に障がいのあるユーザーがiPhoneを使って目的地にたどり着く最後の数十センチまでナビゲーションができるようにするドアの検知機能と、身体機能に障がいのあるユーザーが音声コントロールやスイッチコントロールのような支援機能を利用している場合に、iPhoneからApple Watchを完全に操作できるようにするApple Watchミラーリングが含まれます。

また、ライブキャプションにより、聴覚に障がいのある方々が電話やFaceTimeで通話したり、ビデオ会議やソーシャルメディアのアプリケーションを使ったり、メディアコンテンツをストリーミングしたり、隣の人と会話したりする際に、より簡単に話の内容が追えるようになります。


Safariに、友達や家族とウェブサイトのコレクションを共有するための共有タブグループが加わり、シームレスにタブを追加してほかの人が何を見ているのかを確認できるようになりました。

パスキーによってSafariでのブラウズがさらに安全になります。パスキーは固有のデジタルキーで、使いやすく、より安全で、ウェブサーバには決して保存されず、デバイス上に保持されるので、データの漏えいでハッカーが盗んだり、ユーザーを騙して共有させたりすることはできません。

パスワードに代わるものとして設計されたパスキーは、生体認証にTouch IDまたはFace IDを使用し、iCloudキーチェーンを使ってエンドツーエンドの暗号化を行いながらiPhone、iPad、Mac、Apple TVの間で同期します。

パスキーはアプリケーションとウェブの間でも機能し、ユーザーは他社製デバイスで開いているウェブサイトやアプリケーションにiPhoneだけを使ってサインインできます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事