iOS

iOS 13:iPhoneの写真をSDカードまたはUSBメモリにバックアップする方法

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ/Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ/Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

iOS 13から、ファイルアプリが、SDカード、USBメモリなど外付けドライブに対応しました。

この機能向上により、写真アプリ内の写真や動画をバックアップするのが簡単に行えるようになりました。

紹介する方法は、iPadOSでも利用可能です。


Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

SDカードに写真をバックアップする場合、Apple Lightning - SDカードカメラリーダーが必要です。

SDカードのフォーマットは「暗号化されてないAPFS」「暗号化されていないHFS Plus」「FAT」「ExFAT」の4種類が利用可能です。


Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

iPhoneにApple Lightning - SDカードカメラリーダーとSDカードが接続された状態で、写真アプリからバックアップしたい写真を選択します。

左下の共有シートボタンをタップし「"ファイル"に保存」をタップします。

ブラウズからSDカードを選び、右上の保存をタップします。


ファイルアプリ

ファイルアプリ

写真のバックアップが完了したら、ホーム画面に戻り、ファイルアプリをタップし、ブラウズからSDカードを選択し、写真が保存されているかどうかを確認しましょう。

iPad Pro (10.5-inch)、iPad Pro (12.9-inch) (2nd generation)、iPad Pro (12.9-inch) (1st generation)の場合、転送速度はUSB 3.0仕様となり、それ以外はUSB 2.0の転送速度になります。


Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

USBメモリに写真をバックアップする場合、Apple Lightning - USB 3カメラアダプタに加え、iPhoneに付属するUSB電源アダプタ、Lightningケーブルが必要です。

USB電源アダプタを使用しない場合、USBメモリの消費電力が多いため使用できないというアラートが表示されます。

USBメモリのフォーマットは「暗号化されてないAPFS」「暗号化されていないHFS Plus」「FAT」「ExFAT」の4種類が利用可能です。


Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ

iPhoneに、Apple Lightning - USB 3カメラアダプタに接続し、USBメモリとUSB電源アダプタに接続されたLightningケーブルを、Apple Lightning - USB 3カメラアダプタに接続します。

写真アプリからバックアップしたい写真を選択します。

左下の共有シートボタンをタップし「"ファイル"に保存」をタップします。

ブラウズからUSBメモリを選び、右上の保存をタップします。


ファイルアプリ

ファイルアプリ

写真のバックアップが完了したら、ホーム画面に戻り、ファイルアプリをタップし、ブラウズからUSBメモリを選択し、写真が保存されているかどうかを確認しましょう。

iPad Pro (10.5-inch)、iPad Pro (12.9-inch) (2nd generation)、iPad Pro (12.9-inch) (1st generation)の場合、転送速度はUSB 3.0仕様となり、それ以外はUSB 2.0の転送速度になります。


Apple Lightning - USBカメラアダプタ

Apple Lightning - USBカメラアダプタ

Apple Lightning - USBカメラアダプタにUSBメモリを接続した場合、USBメモリの消費電力が多いため使用できないというアラートが表示されます。

このアクセサリーは、電源を追加することができないため、外部ドライブには使用出来ません。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事