iOS

iOS 11:カメラの保存形式を「JPEG」「H.264」に戻す方法

iOS 11:カメラ「フォーマット」

iOS 11:カメラ「フォーマット」

iOS 11から、A10 Fusion以降を搭載したiPhone、A10X Fusionチップ以降を搭載したiPad Proのカメラ撮影時に、保存されるフォーマット形式が、新しい画像フォーマット「HEIF」と、動画フォーマット「HEVC」に変更されています。

旧iOS 10以下のシステムやmacOS Sierra以下のシステム、Android、Windowsなどとの互換性はありません。

設定>カメラ>フォーマットで「互換性優先」を選択すると、画像フォーマットが「JPEG」に、動画フォーマットが「H.264」に変わります。

ストレージ使用量が増えることになりますが、互換性を優先したい場合は、こちらを選択して下さい。


iOS 11:写真「MACまたはPCに転送」

iOS 11:写真「MACまたはPCに転送」

写真App内に保存された画像フォーマット「HEIF」と、動画フォーマット「HEVC」は、設定>写真>MACまたはPCに転送を「自動」に設定することで、画像フォーマットを「JPEG」に、動画フォーマットを「H.264」に変換して転送されます。

この設定は、デフォルトで自動が選択されています。


関連エントリー:iOS 11:新しく採用する画像フォーマット「HEIF」、動画フォーマット「HEVC」について


Appleサポート情報:Apple 製のデバイスで HEIF/HEVC メディアを扱う


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事