iOS

iOS 10.3:システムファイル「Apple File System」(APFS)に移行

Apple File System

Apple File System

iOS 10.3から、システムファイルシステムが「Apple File System」(APFS)に移行しています。

Appleのデベロッパードキュメント「Apple File System Guide」によれば、HFS+と、その前身であるHFSを含めると30年以上も使われてきたファイルシステムで、フロッピーディスクやHDドライブ全盛の時代に開発されており、新しい時代にあった新システムファイルとして開発されたと説明しています。

iOS、MacOS、tvOS、watchOSのために開発された近代的なファイルシステムにより、フラッシュ/ SSDストレージ用に最適化されており、強力な暗号化、コピー・オン・ライトのメタデータなどが特徴となっています。

詳しい説明に関しては、WWDC 2016「Introducing Apple File System」を参照して下さい。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事