iOS

iOS 10:通話アプリにIP電話プロバイダ設定を追加することで簡単に受けられるように

Appleが、WWDC2016のセッション「Enhancing VoIP Apps with CallKit」において、これまでIP電話をiPhoneで使用する場合、VoIPアプリが別に必要でしたが、iOS 10では、設定>通話にプロバイダ設定を追加することで、IP電話を通話アプリで発信することが可能だと説明しています。

これはビデオ通話も可能で、ブロックリストも利用することが可能です。

対応したVoIPアプリがインストールされていれば、連絡先にある発信を長押しすることで、VoIPアプリが表示されるそうです。

これらは、Ciscoとのパートナーシップにより実現されています。


関連エントリー
NTTコミュニケーションズ、iOSのCallKitに対応したVoIPアプリ「050 plus 7.0.0」をリリース
LINE、iOS 10のCallKitに対応したVoIPアプリ「LINE 6.8.5」をリリース
imo.im、iOS 10のCallKitに対応したVoIPアプリ「imo 7.0.20」をリリース
Microsoft、iOS 10のCallKitに対応したVoIPアプリ「Skype for iPhone 6.25」をリリース
WhatsApp、iOS 10のCallKitに対応したVoIPアプリ「WhatsApp Messenger 2.16.10」をリリース
楽天、iOS 10のCallKitに対応したVoIPアプリ「Viber 6.3.3」をリリース


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事