iOS

iOS 9:新しい検索サービスに進化したSpotlight検索に、サイトが対応しているかチェックする方法

iOS 9 Spotlight

iOS 9 Spotlight

iOS 9のSpotlight検索から「iOS 9 Search API」が導入され、Google検索同様に、Applebotを使用して、Appleがインターネット情報をクロールし、候補のWEBサイトとして表示するようになります。

ホーム画面から右にドラッグした場合、スマートSpotlight検索が有効になった検索となり、ホーム画面から下にスワイプした場合は、単純なSpotlight検索となります。

新しいスマートSpotlightが凄いのは、飲食店検索サービスなどのアプリデベロッパーが、Apple Cloud Indexに検索結果をパブリックにすると、アプリがインストールされていなくても、そのアプリを検索した結果と同じ情報がSpotlight情報として表示されるようになります。

より詳しく知りたければ、アプリダウンロードが促されるようになり、アプリダウンロード要因として重要なポジションを占めることになります。

また、Web Markupとして、インターネット上にある情報を蓄積し、独自のレーティングを当てて表示するようにもなります。

つまり、Google検索、Yahoo!JAPAN検索とは違った、あらたなインターネット検索トラフィックが発生することになります。


App Search API Validation Tool

App Search API Validation Tool

このスマートSpotlight検索に、サイトがどれだけ対応しているかをテストするため「App Search API Validation Tool」が公開されています。

少なくとも、Title、Description、Touch Iconはパスしておいた方が良さそうです。

詳しくは、Appleが公開している「WWDC2015:Introducing Search APIs」の動画、およびPDF資料を参照して下さい。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事