iPad App Store

あまりのマニアックぶりにハマル、建築機械シミュレーターアプリ「Construction Simulator 2014」を試す

Construction Simulator 2014

Construction Simulator 2014

astragon Software GmbHが、iPhone/iPod touch/iPad用建築機械シミュレーターアプリ「Construction Simulator 2014」を、App Storeにて販売を開始していたので試してみました。

農作業シミュレーターアプリ「Farming Simulator 2012」から1年後にリリースされた建築機械シミュレーターアプリです。

Mac版の「Construction-Simulator 2012」の方が3Dグラフィックスが高いですが、それでもじゅうぶん楽しめます。


最初は、砂利運搬トラックを運転し、マップに表示されている緑の目的地に向かいます。

ハンドルは本体を傾けて行い、画面タップでアクセル/バック操作を行います。

トラックの運転というだけでも、他のレースゲームとは違って面白いです。


目的地についたら、砂利受けを目的の場所に下ろします。

下ろす場所を予測して、トラックの向きを調整しなければならず、かなり難しいと思います。


次に、ショベルカーを操作して、土砂を砂利受けに移動させます。

このショベルカー操作は、実際にレバー操作で行う運転方法を再現しているため、車の運転と違って難しいです。

こうした建設機械独特の操作をシミュレートしているため、マニアック過ぎて面白いと思います。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事