iPad

iPad (6th generation)のA10 Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.21GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様

iPad (6th generation)

iPad (6th generation)

Appleの新型iPad「iPad (6th generation)」で「Geekbench 4」を起動してみると「ARM @ 2.21GHz」と表示されます。

この数値から、iPad (6th generation)のA10 Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.21GHzと考えられ、iPhone 7に近い性能だと確認できました。

L1キャッシュは64KB、L2キャッシュは3MB、メモリは2GBで、iPad (5th generation)と同じとなっています。


関連エントリー
iPad (5th generation)のA9プロセッサ最大動作クロックは1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPad Pro (12.9-inch) (2nd generation)のA10X Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.38GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は4GB仕様
iPad Pro (10.5-inch)のA10X Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.38GHz、L2キャッシュ8MB、メモリ容量は4GB仕様
iPad Pro (9.7-inch)のA9Xプロセッサ最大動作クロックは2.25GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPad Pro (12.9-inch)のA9Xプロセッサ最大動作クロックは2.25GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は4GB仕様
iPad Air 2のA8Xプロセッサは3 Coreで、最大動作クロックは1.5GHz、メモリ容量は2GB仕様
iPad mini 4のA8プロセッサ最大動作クロックは1.5GHz、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 7 PlusのA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は3GB仕様
iPhone 7 のA10 Fusionプロセッサは最大2.33GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone SE のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6s のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様
iPhone 6s Plus のA9プロセッサは最大1.85GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事