iPad

iPad mini RetinaのA7プロセッサ最大動作クロックは1.3GHz、メモリ容量は1GB仕様

Geekbench 3

Geekbench 3

Appleの新型iPad mini「iPad mini Retina」で「Geekbench 3」を起動してみると「ARM @ 1.29GHz」と表示されます。

この数値から、iPad mini RetinaのA7プロセッサ最大動作クロックは1.3GHzと考えられ、iPad Airの最大1.4GHzよりも少し遅く、iPhone 5sと同じ動作速度となっています。

L1キャッシュサイズは64KBとiPad miniの2倍、L2キャッシュサイズは1MB、メモリは1GBで、どちらもiPad Airと同じとなっています。


System Status

System Status

System Status」でチェックすると、バッテリー容量は6430mAh、Battery Voltageは3.7Vと表示されます。

iPad miniの16.5Wh 3.72V 4440mAhと比べて、約40%搭載バッテリー容量がアップして、駆動時間は同じとなっています。


iFixItのiPad mini Retinaバラシによると、A1512 3.75V 24.3Whr 6471mAh仕様のバッテリーが採用されています。


関連エントリー
iPad mini Retina ベンチマークレポート
iPad mini Retina フォトレポート
AppleのiPad miniシリーズ用ケース「iPad mini Smart Case」をチェック
iPad AirのA7プロセッサ最大動作クロックは1.4GHz、メモリ容量は1GB仕様
iPhone 5sのA7プロセッサは最大1.3GHz、メモリ容量は1GB仕様


au one la Selectサイトロゴ2


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事