etc / Twitter

Twitter、アメリカにおける大規模セキュリティ攻撃により約25万人のユーザー情報が流出、より強いパスワード設定を呼びかけ

Twitterが、アメリカのテクノロジーとメディア企業を対象にした大規模なセキュリティ攻撃が行われ、調査の結果、ユーザー名、メールアドレス、セッションIDや暗号化されたパスワードなど、約25万人のユーザー情報にアクセスされた可能性があると報告しています。

該当するアカウントにはTwitterからパスワードのリセットをかけ、セッションIDを破棄し、該当アカウントに含まれているユーザーに、Twitterからパスワードの新規作成を案内していると説明しています。

これを機に、より強いパスワードへの見直しを呼びかけており、最低でも10文字、大文字と小文字、数字、記号などを混ぜたパスワードを利用するよう説明しています。

また、パスワードの使い回しは情報へのアクセスの可能性を大きくするとし、他のサービスとは同じパスワードを利用しないよう呼びかけています。


その約25万人の1人として、私が該当したようで、パスワードのリセットのメールが送られてきました。。。

パスワードの変更後、Twitterと連携するアプリとの見直しを促す画面が表示されました。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事