Apple TV

MobileSyrup:Apple TV担当幹部、Siri Remote (2nd generation)を新しくした理由を語る

MobileSyrup

MobileSyrup

MobileSyrupが、Apple TV 4K (2nd generation)、Siri Remote (2nd generation)に関して、AppleのApple TV, HomePod, AirPods担当ヴァイスプレジデントTim Twerdahl氏へのインタビューを掲載しています。

Siri Remote (2nd generation)が新しくなった理由は、Apple TVの利用のされ方が変化してきていて、アメリカのCharter Spectrumや、カナダのTelusが、Apple TVをセットトップボックスとして利用するようになり、ライブ番組が増えてくるとリモコンに要求される機能も変わる。オンデマンドビデオを見ているときは、「一時停止」と「ミュート」は同じようなもだが、広告をサポートするコンテンツになると、スポーツなど、音を出したくないが再生を続けたいものになると「消音」が非常に強力になると説明しています。

多くの方がApple TVに移行していることから、システムの電源供給や停止をすべて1つのリモコンで行えるようにすることが重要であると認識しており、それも追加したいと考えていたそうです。

また、ユーザーの中には、昔から「上」「下」「左」「右」の5つの操作方法を使ってきて、それに安心感を持っている方もいて、また、スワイプ操作には大きな力があることも知っていたが、両方の良さを兼ね備えたものにすることで、ユーザー体験を向上させることができると考えたそうです。


ゲームをプレイする場合は、専用のゲームコントローラーが最高の体験だと考えていて、多くの開発者もそれに同意してくれると思っているそうで、正直なところ、コントローラのサポートが拡大する前に、モーションAPIを利用している開発者はそれほど多くなかった。しかし、多くの人が家に持っているMFiコントローラやXbox、PlayStationのコントローラを活用して、現在の素晴らしいゲームの数々を利用することができた方が良いと考えているそうです。

Apple TV 4K (2nd generation)にはHDMI 2.1が搭載されていて、これは、いずれこのプラットフォームで120Hzのゲームが見られるようになるのかと質問すると、将来についてあまりコメントするつもりはないとしながらも、別の理由でHDMI 2.1に期待していて、現在、eARCのベータ版を公開していて、テレビに接続された他のソースがApple TVを使ってHomePodsに出力できるようになっているそうです。

また、Appleは、家庭用の優れたオーディオ製品を作ることを約束し、HDMI 2.1のそのような側面に期待していると述べています。

Apple TV 4K (2nd generation)は4K UHDTV(2160p)の60fps表示に対応しているが、このリフレッシュレート/解像度に対応したコンテンツはあるのかと質問すると、コンテンツプロバイダー側の対応が必要だが、すでにアメリカではFox Sports、NBC Sports、CBS Sportsが、フランスではCanal+が、カナダではRedbull TVが対応していると説明しています。

Siri Remote (2nd generation)にAirTag機能が搭載されなっか理由を聞かれると、Siri Remote (2nd generation)は、ソファのクッションに落ちないように少し厚くしたことなどを理由として上げ、他のネットワーク機器に見つけてもらう必要性が少し低くなったと説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事