Apple TV

Apple TV (4th generation)を使ったロビーなどの壁掛けTVを活用するTVサイネージ・ビジネスアイデア

Simple In/Out TV

Simple In/Out TV

Simply Made Appsが、GPS情報を使って勤怠管理を行なうiOSアプリ「Simple In/Out」の情報を元に、オフィスのフロアに壁掛けされた液晶モニタに誰が出社しているかを表示するtvOSアプリ「Simple In/Out TV」をリリースしています。

Simply Made Appsは、ウェブ上から出勤者をグループに分けて、フロア毎に出勤者表示を分けることも可能です。

これまでApple TV (3rd generation)は、パーソナルな物として捉えられ、こうしたオフィス、ホテル、病院などのロビーに設置されている液晶モニタを活用するというアイデアは無かったように思います。

このSimple In/Out TVのアイデアによって、Apple TV (4th generation)を活用したTVデジタルサイネージの活用方法の幅が広げられるかもしれないと思いました。


デジタルサイネージは、NGCの「Scala 10、」NECの「PanelDirector」、ブイシンクの「adbo」、大日本印刷の「Will Smart」などがありました。


B to B(Business-to-Business)向けに開発されたiOSアプリで、ショップの待ち予約を行なうアプリなおがすでにある場合、tvOS用に受付ボタンなどの表示を無くし、待ち人数と現在の呼び出し番号だけを表示することなども出来ると思います。

Apple TV (4th generation)は家のリビングで使う物といった既成概念を無くし、壁掛けテレビの背面に設置出来ると考えると、色々なビジネス向けアプリのアイデアが生まれてきそうな気がします。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事