Apple Store

Apple 京都に格子の形をしたグラフィックが登場

Apple 京都

Apple 京都

2018年8月25日に京都ゼロゲートの1Fにオープンする「Apple 京都」の外側の覆いが外され、格子の形をしたグラフィックが登場しました。

Appleロゴ看板は、京都ゼロゲートの4F辺りに設置されています。

京都ゼロゲートは、日本の伝統的な「障子」をモチーフにした大判ガラスを用いたファサードが特徴となります。


Apple 京都

Apple 京都

2018年03月に、Appleが、Apple 新宿に加えて2018年に2店舗オープンすることを示すAppleアイコンを掲載していましたが、そのデザインが使われています。


Apple 京都

Apple 京都

Apple 京都のグラフィックAppleロゴに近づいてみました。

これらのグラフィックは、全てカッティングシートで造形された物だという事がわかります。

非常に凝った作りなので、結構貼るのは大変だったと思います。


Apple 京都:QRコード

Apple 京都:QRコード

Apple 新宿オープン前にも表示されていた、Apple 京都サイトにアクセスするための「QRコード」が掲示されています。

Macの場合、写真をクリックすると拡大表示されると思いますので、iPhoneのカメラでQRコードを読み取ってもらえば体験できるかと思います。


四条通 地下連絡通路

四条通 地下連絡通路

地下鉄駅から、Apple 京都にアクセスするまでにある四条通 地下連絡通路にも、Apple 京都オープンに向けてのウォールグラフィックが掲載されています。

かなり長い距離の壁に施行されています。


四条通 地下連絡通路

四条通 地下連絡通路

四条通 地下連絡通路の壁の反対側には、Today at Appleの創造する楽しさを体験しようというイメージグラフィックが施行されています。

これは、Apple 京都オープンの動画に似たデザインがされているようです。


四条通 地下連絡通路

四条通 地下連絡通路

四条通 地下連絡通路の壁グラフィックには

格子の形をしたこの街では、いにしえの時代からアイデアと創造力が格子のように交わり、新しい文化を生み出し続けてきました。そんなクリエイティビティの都で、Apple 京都は次の創造力の源になるインスピレーションを届けます。ここでどんな人たちが、どんなアイデアが交わり、どんなことが生まれるか。今からわくわくします。

アイデアと創造力が交わるところ。Apple 京都 四条X高倉

と表示がされています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事