Apple

Apple、iPhone 8/8 Plus/Xのケース設計情報を含んだアクセサリーガイドライン「Accessory Design Guidelines for Apple Devices R4」を公開

Appleが、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Apple デバイス用ケースの設計ガイドライン」を更新しています。

ケースデザインガイドライン「Accessory Design Guidelines for Apple Devices R4」が新しくなっています。

iPhone 8・iPhone 8 Plusだけでなく、iPhone Xのケース設計情報も含まれています。

このケースガイドラインは強制ではありませんが、ガイドラインに従っていないケースは、Apple Storeでは取り扱われない可能性があります。


iPhone X Dimensional Drawing

iPhone X Dimensional Drawing

iPhone Xに関しては、液晶表側のセンサーハウジング部分は、センサーの穴部分を開放するのではなく、センサーハウジング全体をカバーしないようにとの説明がされています。

また、Qiワイヤレス充電コイルの大きさと位置、NFCアンテナ部分にかんする注意点など詳細に説明がされています。

コンパスの位置も、これまでのiPhoneとは異なり、画面側からみて、左端下方に移動していることがわかります。


Hall Effect sensor

Hall Effect sensor

iPadに搭載されている仕組みと同じ、iPad用Smart Coverでカバーの開閉を検知するためのセンサー「Hall Effect sensor」が2ヶ所搭載されていることが確認できます。

iPadの場合、ホームボタン近くと液晶画面下に設置されていますが、iPhone Xの場合は、オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイの下側に設置されているようです。


iPhoneの3D Touch搭載モデルのエッジプレス機能を妨げないようにするため、液晶面の端は面一にするように説明したイラストが新しくなっています。


関連エントリー
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Accessory Design Guidelines for Apple Devices R3」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Accessory Design Guidelines for Apple Devices R2」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Accessory Design Guidelines for Apple Devices R1」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R11」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R10」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R9」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R8」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R7」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R6」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R5」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R4」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R3」を公開



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事