Apple

Apple、Blue Fountain MediaのシニアヴァイスプレジデントをWeb開発責任者として雇用

Blue Fountain Media

Blue Fountain Media

Appleは、ウェブサイトのデザインとマーケティング行う企業Blue Fountain MediaのInteractions担当シニアヴァイスプレジデントだったRaymond Atwater氏を、同社のWeb Development担当ヴァイスプレジデントとして雇用していました。

仕事の内容は、各国のWeb開発チームの責任者で、ユーザビリティの基準と構造を定め、ユーザー・イタラクションを強化することだそうです。

Blue Fountain Mediaの前は、Intelのシニア・ウェブアプリ開発担当で、さらにその前は、AppleのWebアプリ開発者でもありました。

Appeは、iPhone 6発表時に、WebサイトをレスポンシブWebデザイン化していますが、ヴァイスプレジデントが居ることから、部門として独立したと考えられます。

なお、現時点で、Appleにおけるヴァイスプレジデントは約80人ほどおり、組織が巨大化していることを伺わせます。


関連エントリー:Apple、スマートフォンレイアウトにAppleウェブサイトが対応


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事