Apple

Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R7」を公開

Appleが、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Apple デバイス用ケースの設計ガイドライン」を更新しています。

ケースデザインガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R7」が新しくなっています。

iPhone 6iPhone 6 Plusのサイズが追加されています。

このケースガイドラインは強制ではありませんが、ガイドラインに従っていないケースは、Apple Storeでは取り扱われない可能性があります。


iPhone 6、iPhone 6 PlusのiSightカメラ回りは、これまでとは異なり、かなりキチキチの穴でも大丈夫になったようです。

従来と同じく、上部と下部にあるアンテナ部分を、金属で覆ってはならないとありますが、Lightningコネクタは、iPhone 6、iPhone 6 Plusの場合、幅13.65mm、高さ6.85mmを開け、底面にある穴を塞がなければ、底面と頭頂部全体を覆うケースでも良くなったようです。

また、今回のアップデートには、いくつかの追記がされています。

・NFC処理に影響を与えないこと。
・高さ1メートルからの落下で、どんな方向からでも本体を保護すること。
・Dockとの互換性を保つために、デバイスの底面からケースの外側までの距離が1.8mmを超えないこと。
・ガイドラインで示したように、iPhone 6とiPhone 6 Plus用ケースは、表面のカバーガラスに接触しないこと。
・ヘッドフォン・ジャックへのアクセスを妨げないこと。


関連エントリー
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R6」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R5」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R4」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R3」を公開


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事