Apple

Apple、新しい開発言語「Swift」を発表

Appleが、WWDC2014において、新しい開発言語「Swift」を提供すると発表した。

Object-CからCを取ったらどうなるかという発想から生まれた新しい開発言語で、この開発言語は「Python」よりも高速にコンパイルすることが可能だと説明した。


簡単な行で直ぐにマップのイメージを挿入したり、ゲームをプレイする中で座標の取得も容易になると説明した。

これにより、簡単に最高のアプリケーションを開発することが可能になると説明し、iBooks Storeで解説書「The Swift Programming Language」を無料で提供すると説明した。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事