Apple

Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R5」を公開

Appleが、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Designing Cases for iPod, iPhone, and iPad」を更新しています。

ケースデザインガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R5」が新しくなっています。

iPhone 5s、iPhone 5cのサイズが追加されています。

このバージョンでは、Lightningコネクタ、ヘッドフォンジャックを使用する上で、最低限必要な開口サイズが記載されるようになっています。

また、iSightカメラ部分には、フラッシュ使用時の反射を防ぐため、黒いパーツか、黒く塗ることが推奨されています。

液晶保護フィルムアクセサリー向けに全てのセンサー穴の位置も記載されるようになり、これらを塞がないアクセサリーでなければならないと説明がされています。

iOS 7で導入されたエッジスワイプジェスチャー操作が妨げられるように、ケースなどを作る必要があると説明がされています。

なお、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5のホームボタンサイズは同じですが、iPhone 5sの場合、Touch ID センサーを塞ぐアクセサリーは禁止するとあり、開口部もホームボタンの穴のサイズ(10.90mm)から1.85mm(直径14.60mm)広くするよう説明がされています。

このケースガイドラインは強制ではありませんが、ガイドラインに従っていないケースは、Apple Storeでは取り扱われない可能性があります。


関連エントリー
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R4」を公開
Apple、iOSデバイスのケース設計に関するガイドライン「Case Design Guidelines for Apple Devices Release R3」を公開


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事