アクセサリ

アンカー・ジャパンのBluetooth 4.0接続ポータブルステレオスピーカー「Anker SoundCore」を試す

Anker SoundCore

Anker SoundCore

アンカー・ジャパンが、Bluetooth 4.0接続ポータブルステレオスピーカー「Anker SoundCore」を販売開始したので試してみました。

24時間 / 500曲の長時間連続再生が可能な、高音質ステレオと重厚なバスサウンドが特徴のスピーカーです。


Anker SoundCore

Anker SoundCore

左右に配置された4cmスピーカー(3W x2)の中央に、一般的にスパイラルホーンと呼ばれる螺旋状バスポートが搭載されています。

このバスポートにより、スピーカーのサイズから想像される以上の低音が前面から出ます。


Anker SoundCore

Anker SoundCore

iPhoneとのBluetoothペアリングは、Anker SoundCoreのBluetoothボタンを押して、iPhoneの設定>Bluetoothから「Anker SoundCore」を選択するだけで完了します。

次回からは、Anker SoundCoreの電源をオンにするだけで自動接続されます。


Apple Musicから楽曲再生して、Anker SoundCoreでサウンドを鳴らしてみました。

スピーカーの筐体がしっかりしているためか、結構大きな音量で再生しても、本体が響く感じはありません。

サウンドは前面指向のため、スピーカーを設置する場所を選びます。


Anker SoundCore

Anker SoundCore

Anker SoundCoreの頭面に装備されている、再生ボタン、音量ボタンを押すことで、iPhone上の楽曲を再生/停止したりといったリモート操作が可能です。


Anker SoundCore

Anker SoundCore

Anker SoundCoreの側面にはマイクが搭載されていて、iPhoneの電話利用時に、ハンズフリースピーカーとしても利用することが可能です。

簡易的な電話会議などを行なう場合などに使用できます。


Anker SoundCore

Anker SoundCore

Anker SoundCoreはBluetooth4.0仕様のため、Apple Watchとペアリングさせることも可能です。

Apple Watch内にある楽曲をAnker SoundCoreで再生するといった事も出来ます。


Anker SoundCore

Anker SoundCore

Anker SoundCoreの重さを計測してみたところ367gでした。

iPad mini 2 with Wi-Fi + Cellularモデルより少し重い感じです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事