アクセサリ

Jawboneのアクティビティトラッカー「UP2」を試す

Jawbone UP2

Jawbone UP2

Jawboneが発売を開始した、アクティビティトラッカーの新製品「Jawbone UP2」を試してみました。

UP24の後継モデルで、世界的に著名なインダストリアルデザイナーであるイヴ・ベアール氏によりデザインされた製品です。

アルマイト製フレームの採用により、UP24より45%も小型化されているそうです。


Jawbone UP2

Jawbone UP2

色は「ライトグレイヘックス」と「ブラックダイヤモンド」の2種類となり、UP24のようなポップなカラーモデルは無くなりました。

よりアクティブな製品としては「UP move」が販売されています。


Jawbone UP2

Jawbone UP2

これまでのUPおよびUP24は、精密機械をバンド内に入れ、それを輪のようにして腕に巻く方式で、外す場合に想定以上の力がかかり、故障する原因になっていました。

UP2では、ブレスレット型から腕時計型に変わり、精密機器が入った部分を固定し、柔軟で薄く稼働するバンドを加える事で、故障し難い構造に変わっています。


UP24の場合、3つの異なるサイズのどれかを選ぶ方式だったのが、UP2では、長さを微調整出来るバンド方式に変わったことで、1つの製品で様々な腕回りの太さに合わせることが可能になりました。

これは、フィットネスで痩せた場合などでも、微調整しフィット感を維持出来ることになります。


バンドをとめる場合、止め金具の受け側を、腕の外側に向けると、片手で簡単にとめることが出来ます。

逆にしてしまうと、片手で止めるのはかなり難しいので注意が必要です。


本体の充電は、マグネット式に変更されました。

UPとUP24は、オーディオジャックピン式でしたが、ピンの細さが異なり、充電ケーブルの互換性はありませんでした。

今回も形状が変更された分けですが、UP2、UP3、UP4で、同じ充電ケーブルを利用することが可能になりました。


UP2では、これまでのアプリ「UP」から「UP by Jawbone」に変更されています。

従来のアプリでは、UP2はペアリング出来ないため注意が必要です。


運動と睡眠の状態を示すLEDに加え、アラームなどをセットして使用する通知LEDが加わりました。

また、運動と睡眠の切り替えを行なう場合、UP2本体を2回タップすることで切り替えが出来るようになっています。


UP by Jawbone

UP by Jawbone

UP24とUP2で出来る事は基本的に同じで、アプリ上に反映される情報も基本的には同じです。

より健康的なチョイスができるよう日々導いてくれる「Smart Coach」機能や、アイドルアラートをセットし、腕にはめたカスタマイズ可能なリマインダーで活動時間を増加させることも出来ます。


デュエル

デュエル

アプリの新機能として「デュエル」という友達と対戦するモードが追加されました。

これは、24時間、3日間、1週間の期間を設定し、その中で歩数を競うというモードです。


関連エントリー:Jawboneのアクティビティトラッカー「Jawbone UP2」7月初旬からApple Storeで販売開始予定




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事