アクセサリ

Netatmoの屋内外の気温や、室内の二酸化炭素濃度を計測出来るiOS対応ワイヤレスセンサー「Netatmo ウェザーステーション」を試す

Netatmo ウェザーステーション

Netatmo ウェザーステーション

Netatmoが販売するiOS対応ワイヤレスセンサー「Netatmo ウェザーステーション」を試してみました。

屋内外の気温や、室内の二酸化炭素濃度を計測出来るワイヤレスセンサーを使用して、iPhone/iPadアプリ「Netatmo」で記録することが出来るデバイスです。


中身は、室内ユニット(長い方)と、室外ユニット(短い方)、それにUSB ACアダプタ、USBケーブル、壁留め部品、単4電池4本などが入っています。

Update:現在の仕様では、屋内ユニットの電池が不要になったため、乾電池2本が同梱されています。


どちらのユニットも単4電池で駆動させることが可能なのですが、室内ユニットの方が親機となる関係で、室内ユニットはUSBケーブルで常時電源駆動、室外ユニットが電池駆動という形で使用するのが基本となります。

Update:現在の仕様は、屋外ユニットと追加モジュールのみ乾電池で駆動します。


最初に「start.netatmo.com」にアクセスしてユーザーアカウントを登録します。

次に、Netatmoを起動し、電源を入れた室内ユニットと、Netatmoアプリを起動したiOSデバイスを、Bluetooth接続します。(ファームウェアのアップデートが始まる場合もあります)

USB接続によるセットアップは、Macからのみとなります。

Update:現在の仕様はUSBポートが1つとなっています。


Netatmo

Netatmo

ここで、iOSデバイスで接続使用しているローカルWi-Fiネットワークの設定を、室内ユニットに設定します。

基本、ガイドに従って行えば失敗することは少ないはずです。


アプリを起動すると、室外における現在の温度、湿度、体感温度、現在地点の天気などをみることが出来ます。

また、現状の不快値数や、気温のグラフなども見る事が出来ます。

この室外ユニット情報データーは、友達と共有することも出来るようです。


タブで画面を切り替えて、室外における現在の温度、湿度、気圧((mbar)、二酸化炭素濃度、騒音レベルなどをみることが出来ます。

室内外で大きな変動が合った場合、通知センターやアイコンバッジで知らせてくれます。


本体を横に傾けると、室内外の記録情報を好きな期間で見る事も出来ます。


これらの情報は、MacのSafariからNetatmoにアクセスしてログインすることで、全て見る事も出来るようになっています。

使用用途は色々と考えられますが、少人数のオフィスなどの職場環境の快適度や、室内環境の快適度などをチェックするのに良いかもしれません。

フォーカルポイントの事例では、農園での導入が紹介されています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事