アクセサリ

パワーサポートのiPhone 5用ケース「エアージャケットセット for iPhone 5」をチェック

エアージャケットセット for iPhone 5

エアージャケットセット for iPhone 5

パワーサポートが発売を開始する、iPhone 5用ケース「エアージャケットセット for iPhone 5」をチェックしてみました。

iPhone 4S/4用ケース「エアージャケットセット for iPhone 4S/4」と比べて、頭部/底面共にケースが覆う仕様になりました。


同梱されているのは、エアージャケット本体、AFP(アンチフィンガープロテクション)クリスタルフィルム(液晶画面用)、アンチグレアフィルム(液晶画面用)、超極細繊維クリーナークロス、フラッシュガード(2個)となっています。

アンチグレアフィルムは、以前レビューしたのと同じで、黒が際立つ新しいタイプとなっています。


ケースにiPhone 5を装着するには、説明書きにあるとおり、先にボリュームボタン側を合わてから装着します。


逆に取り外す時は、iPhone 5の右底面を押さえて、頭の左側を押し下げて外します。

きっちり収納されるタイプのケースなので、手順を踏まないと簡単には外せません。


エアージャケットセット for iPhone 4S/4は、頭部/底面部分が大きくあけられたデザインを採用していましたが、今回のエアージャケットセット for iPhone 5は、スピーカー/マイク用パンチング穴、Lightningコネクタ、ヘッドフォンジャックの穴をあけつつ、それ以外の部分を保護するデザインとなっています。

スピーカー/マイク用パンチング穴にピッタリ合わせるのは相当苦労したのではないかと思います。


サイドのボタンや頭のスリープボタン部分も、それぞれのボタンサイズに合わせた穴があけられていて、他のメーカーのように大きくあけたデザインではありません。

ここまでキッチリとした成形ケースにすると金型から抜くのが難しくなると思うのですが、そこはパワーサポートの技術なんだろうなと思います。


エアージャケットセット for iPhone 4から搭載されているパワーサポートの特許技術「フラッシュガード」も継続採用されています。

iPhone 5の場合、カメラとLEDフラッシュが離れたことで、LEDフラッシュ撮影時による光の写り込みはほとんど無いのですが、パワーサポートの特徴として今回も継続搭載されているようです。


エアージャケットセット for iPhone 5(クリアブラック)

エアージャケットセット for iPhone 5(クリアブラック)

エアージャケットセット for iPhone 5(クリアブラック)エアージャケットセット for iPhone 5(クリア)の裏面は、ジャケット表面には新開発のセルフリペアコートが施されていて、細かなキズが付きにくく、軽度のキズには復元作用が働きます。

エアージャケットセット for iPhone 5(ラバーホワイト)エアージャケットセット for iPhone 5(ラバーブラック)は、手触り感がシリコンケースのようにさらさらしているのが特徴で、手汗をかきやすい方には、こちらの方が向いていると思います。


軽くなったiPhone 5には、やはりスラップか、もしくはiPod touch Loopが使える機能が欲しいところなのですが、残念ながらエアージャケットセット for iPhone 5には、そうした機能は搭載されていません。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事