Watch OS

Apple、watchOS 6.2以降からwatchOSアプリ内課金が利用可能に

watchOS

watchOS

Appleが、watchOS 6.2以降から、watchOSアプリ内課金を直接提供できるようになると発表しています。

ユーザーは手首からプレミアムコンテンツ、デジタル商品、サブスクリプションなどにアクセスできるようになります。

デベロッパーは、Xcode 11.4ベータ版をダウンロードしてStoreKit APIを実装し、watchOS 6.2のベータ版用にビルドすることでテスト可能だそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事