Watch OS

Apple、Apple Watch用OSの最新版「watchOS 3」を発表

watchOS 3

watchOS 3

Appleが、WWDC2016の基調講演において、Apple Watch用OSの最新版「watchOS 3」(watchOS 3.0)を発表しています。

デベロッパー向けのプレビュー版は今日から提供開始され、公式リリースは2016年秋に行うそうです。


アプリの起動時間がより速くなり、起動中のアプリを切り替えられるDock機能、手書き文字入力機能、ミニー時計、新しいWatch Faceデザイン、Faceデザイン変更がスワイプで可能になると説明しました。


Apple Watch Software Programディレクター、Stacey (Ford) Lysik氏によってデモが行われ、手書き文字認識機能は、英語と中国語に対応すると説明しました。

また、サイドボタンを押すことで緊急連絡先に連絡することが出来る「SOS」機能も搭載されます。


Special Projects担当Jay Blahnik氏によってデモが行われ、アクティビティ機能に、アクティビティを共有することが出来る機能が追加され、共有している友達にメッセージを送ることも可能になっていると説明しました。

アクセシビリティ機能も強化し、車椅子を利用している場合も検知機能も可能になるそうです。


Breathe

Breathe

新しく「Breathe」アプリを追加し、深呼吸するための活動を促すことで、日常生活において深呼吸することが自然に行えると説明しました。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事