Watch

Cnet:Apple幹部、画面の大きなApple Watchの開発を決定したのはアクセシビリティの向上が目的と語る

cnet

cnet

cnetが、Apple Watch Series 7に関して、Appleのヒューマンインターフェースデザイン担当ヴァイスプレジデントAlan Dye氏、Apple Watchプロダクトマーケティング担当ヴァイスプレジデントStan Ng氏へのインタビューを掲載しています。

Dye氏は「大きな文字サイズを必要とする多くのユーザーにとって、より便利で利用しやすいものになるでしょう。」と話し、Apple Watchのディスプレイが大きくなったのは、文字をより読みやすくしたいというニーズがあったからだと説明しています。


Dye氏は「指で描く文字や音声入力に加えて、新しい時計に搭載されたオンスクリーンのフルキーボードが、アクセシビリティを高めるものであると指摘し、キーボードに明確なキーエリアを追加しなかったのは、その方がキーボードの窮屈さが軽減されるからで、そのようなインテリジェンスが組み込まれているので、タップの正確さは完全には重要ではないということを暗示するためでもあります。」と述べたそうです。

Apple Watch Series 7のディスプレイの縁が半円状にカーブしていて、この屈折エッジにより、非常に繊細な回り込み効果と非常に繊細なラップアラウンド効果が生まれ、スクリーンが時計の筐体に向かって下向きに曲がっているように見えます。

Dye氏は「これは光学的な効果で、OLEDからの光がフロントクリスタルのエッジで屈折することによるものです。このクリスタルをよりドーム型に設計し直したことで、クリスタルの厚みが増し、耐久性も向上しました。つまり、一挙両得なのです。」と説明したそうです。

Dye氏は「この新しいクリスタルとディスプレイを使い始めると、これらの効果を際立たせるためにディスプレイの端まで刻みを入れるという、微妙なデザイン上の決定がなされたのです。」と話し、Appleがいくつかのウォッチフェイスのデザインを見直すきっかけとなったと説明したそうです。

Apple Watch文字番ストアはやらないのかと質問されたDye氏は「ハードウェアがApple WatchをApple Watchとして区別する役割を果たすのと同様に、ウォッチフェイスも大きな役割を果たしていると考えています。そのため、私たちは長年にわたって、さまざまな種類があるにもかかわらず、多くの一貫したデザイン要素を持つように注意してきました」と話し「よく見ると、時計の針は色が違っていても、まったく同じように描かれています。このバランスがとても良かったと思っています。ウォッチフェイス自体は、サードパーティにキャンバスを提供し、複数のコンプリケーションを作成したり、ウォッチフェイスを自分のウォッチフェイスに変えたりするためのテンプレートであり、ある意味では彼らのアプリケーションのインターフェイスになっています。」と述べ、当面の計画には含まれていないと説明したそうです。

Ng氏は「iPhoneやソーシャルメディアを見るために費やす30分や、Macで文書を作成するために費やす1時間が問題なのではありません。Apple Watchのパワーは、その瞬間に必要な情報を得られるかもしれない、1日に何百回もの視線にあります。」と話し、画面が大きくなったのは、主に "その情報をより速く、より簡単に消費できるようにするため "だと説明したそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事