Beats

Beats Electronics、Bluetooth接続2ウェイ・アクティブ・クロスオーバー・スピーカー「Beats Pill+」の国内発売を開始

Beats Pill+

Beats Pill+

Beats Electronicsが、Bluetoothスピーカー「Beats Pill+」を28,800円で1月15日から発売開始すると発表しています。

自主回収されたBeats Pill XL スピーカーに変わる新しいBluetoothスピーカーで、Apple.com/jpで予約受付が開始されています。


Beats Pill+

Beats Pill+

ツイーターとウーハーが分かれたスピーカユニットに1つのアンプが組み込まれており、それを2ペア組み合わせることで、別々に周波数調整することを可能にした、2ウェイ・アクティブ・クロスオーバー・スピーカー仕様となっています。

Beats Pill+は、Lightningケーブルで充電する仕組みで、約3時間の充電で12時間連続使用することが出来ます。


Beats Pill+ app

Beats Pill+ app

付属するLightningケーブルを、USB Aコネクタに接続すれば、iPhoneを充電することも可能となっています。

iPhoneアプリ「Beats Pill+ app」を利用することで、2つのデバイスをコントロールできるDJプレイ再生や、スピーカーユニットのステレオ調整などが行なえます。

また2つのbeatspill+をペアリングして、同時にサウンド再生したり、左右に分かれたステレオスピーカーとして使用することが出来ます。


関連エントリー:Beats Electronics、Bluetooth接続2ウェイ・アクティブ・クロスオーバー・スピーカー「Beats Pill+」を発表(日本は2016年1月発売)



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事