etc / AppleMusic

Apple、Apple Musicでハイレゾ配信を準備中

Apple Music

Apple Music

9to5Googleが、Google Playでベータ版として公開された「Apple Music 3.6.0(ベータ版)」を逆コンパイルし、Appleの可逆圧縮方式オーディオコーデック「Apple Lossless」(ALAC)が使用するデータとストレージの量に関する警告が含まれていることが分ったと伝えています。

Losslessストリーミングは、かなり多くのデータを消費します。3分間の曲は次のようになります。

高効率で1.5MB-256kbps、高品質で6MB-24ビット、48kHz/Losslessで36MB-24ビット、192kHz/ハイレゾLosslessで145MB-24ビットが目安となると記されてるそうです。


Apple Lossless形式の対応は古く、iTunes 4.5以降、QuickTime 6.5.1以降から対応し、iPodシリーズも、ALACファイルを同期して再生することが可能です。

アーティストが、Apple MusicやiTunes Storeに楽曲ファイル登録する場合、WAV形式で、最大サンプルレート192kHz/24bitが登録可能です。

Apple Musicは、Apple Digital Mastersと同様の、256kbps/AACフォーマット形式での配信ですが、元音源がハイレゾの場合、Apple Lossless変換されたファイルが自動追加されると考えられます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事