.
.

第2回 全日本Mac系大忘年会 宿題特集

December 2000 MACお宝鑑定団 
counter


各社の広告

アクト・ツー

・ 今回の忘年会でDisk Drive TuneUp Version2.6を入手できたのは、非常にラッキーでした。

実は、今まで使っていたフォーマッタのDrive7が、MacOS9になって対応しなくなってしまい、次のフォーマッタをどうするか考えあぐねていたところだったので、渡りに船とはこのことと思いました。

年末の慌ただしさを縫って、ようやく評価の時間が取れましたので、その結果を元に使用レポート(のようなもの)を下記に示します。

<前準備>

今回のインストールの対象は、下記の通りです。
PowerBookG3/400/'99 192MB/HD12GB(IBM-DARA-212000)/MacOS9.0.4 Logitec LMO-640F(FujitsuM2513E)

普段MOはオフラインにしているので、この評価を開始する前に久しぶりにつないでパフォーマンスを調べようとしたのですが、メディアをセットするとしばらくロック状態になった後で初期化を促すダイアログボックスが表示されてしまいました。

そこでコントロールパネルから外していたMountCacheを戻したりしたのですが、状況は一向に変わりませんでした。

これがMacOS9に対応していないことによるのか、まさか、しばらく使わない間にMOが壊れてしまったのかと、一抹の不安を含んだまま、もしやDisk Drive TuneUpで復活できるかもという一縷の望みの元、インストールを開始しました。

<インストール>

パッケージの中には、紙袋入りのCDが一枚とユーザーズガイドが1冊入っていました。

インストールはごく標準的なもので、全てのファイルをインストールする簡易インストールと、インストールするファイルを選択できるカスタムインストールが選択できます。

余談ですが、ユーザーズガイドによると、簡易インストールの画面が文字化けしていますが、製品の方も同じように文字化けしたままだったのには、思わず笑ってしまいました。

今回は、簡易インストールを選択して実行。いくつかのファイルをコピーしてすぐに終了。再起動すると有効になります。

<使用記>

早速MOドライブにメディアをセットしたところ、本当にあっけなく認識されてしまいました。

これで、このソフトの価値が十分あることが証明されました。

...と、これで終わってしまってはしょうがないので、もう少しレポートを続けます。

インストールしたDisk Drive TuneUp フォルダの中には、Disk Drive TuneUp 本体の他には二つのテキストファイルだけと言う、きわめてシンプルな構成になっています。

ユーザが直接操作できるのは、本体だけとなっていて、すべての操作はここから行います。

Drive7では、フォーマッタとしてのDrive7本体とドライブマウンタとしてのコントロールパネルであるMountCasheの二つに別れていましたので、この部分が大きく違います。

Disk Drive TuneUp をダブルクリックして起動すると、メインウインドウが開いて、ここからATA,SCSI,USB,FireWireそれぞれのインターフェイス毎にマウントやフォーマット、メディアのテストを行うことができます。

時間がありませんので、今回はフォーマットの評価は割愛します。

このソフトのもう一つの売りである、キャッシュ機能は、メニューバーの「構成」から、「キャッシュのセットアップ」を選択して設定します。

キャッシュ設定用のウインドウで、「RAMキャッシュを使用する」のチェックボックスをクリックして再起動することで、RAMキャッシュが有効になります。

今回は、キャッシュサイズを1,024KB、先読み込みサイズを32KBのデフォルト設定としてテストしました。

なお、この隣に「ディスクキャッシュを使用する」と言うチェックボックスがありますが、キャッシュの設定先にSCSI接続のHDDしか選択できませんでしたので、今回は使用しませんでした。

以下に、Norton Utilities 5.0.2のSystem infoによる評価結果を示します。

ディスク 結果 全 体 ランダム読出 1KB読出 4KB読出 16KB読出
現在のシステム 11.23 80.40 7.06 7.07 5.87
Power bookG3/Norm 10.52 77.24 7.06 6.96 5.89
PM 6100/60 (基準システム) 1.00 1.00 1.00 1.00 1.00

ディスク 結果 64KB読出 256KB読出 ランダム書込 1KB書込
現在のシステム 5.69 5.64 407.19 11.05
Power bookG3/Norm 5.72 5.63 387.31 7.32
PM 6100/60 (基準システム) 1.00 1.00 1.00 1.00

ディスク 結果 4KB書込 16KB書込 64KB書込 256KB書込
現在のシステム 10.28 9.42 7.72 5.98
Power bookG3/Norm 7.29 7.31 7.42 5.96
PM 6100/60 (基準システム) 1.00 1.00 1.00 1.00

このように、全体で約7%のパフォーマンス向上を観測しました。

今回は、ドライブ設定によるフォーマットのままでテストしましたが、Disk Drive TuneUp でフォーマットしたり、キャッシュサイズを調整するなど最適なチューニングを行えば、さらにパフォーマンスを向上できるものと思います。

<総評>

以上のことから、Disk Drive TuneUp は十分"使える"ソフトだと言えると思いました。

最後になりましたが、このようなすばらしいソフトをご提供下さいましたact2様に厚くお礼を申し上げます。

川上 恭広



.
.
Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。