Mac Treasure Tracing Club
Macworld EXPO SF 2006

January 2006 Macお宝鑑定団
EXPO San Francisco 2003 EXPO San Francisco 2004 EXPO San Francisco 2005
Read me Special counter


tradein-468_60.gif

2006年1月09日から13日までの5日間、San Franciscoで開催される
Macworld Conference & Expo/San Francisco 2006に関する特集ページです。



Intel Museum Store レポート

・ Appleに限らず、シリコンバレーには自社オリジナルグッズStoreを開設している企業が少なくないのですが、近いうちのAppleのパートナーとなることが発表されている "Intel" もその1社。

intel_build.jpg

サンタクララ の Intel アメリカ本社



クパチーノから程近い、サンタクララ (Santa Clara) の街に存在する、Intel アメリカ本社ビルの 1階に Intelグッズの販売のみならず、プロセッサの仕組みや、Intel の歴史が学べる「Intel Museum Store」が開設されています。

intel_out.jpg

Appleと比較すると無機質な感じがするIntel本社



本社に到着すると、駐車場の案内や、正面玄関前の記念撮影エリアの標識までもが新しい Intel ロゴへ張り替え済み。

intel_parking.jpg intel_photoarea.jpg

駐車場への案内標識

記念撮影エリアの案内標識もIntel新ロゴへ変更完了



本社の待合室には、"Intel Leap ahead." の大きな看板も出ていました。

intel_rep.jpg

"Intel, leap ahead" の案内が



待合室の脇に有る、"Intel Museum Store" の扉を開くと、そこはIntelグッズを扱う Intel Store となっており、奥に進むと Intel Museum が。

intel_muse_gate.jpg intel_store.jpg

Intel Museum Store" の扉の向こうに

Intel Storeと



intel_muse_in.jpg intel_welcome.jpg

Intel Museum が

存在



Intel Museum に入るには、ゲートの受付に大きなバッグは預けます。ちなみに、入場料は無料。

Museum はセミナーエリアを中心に、記念撮影ゾーン, プロセッサを見るゾーン, プロセッサの歴史, プロセッサの製造方法, プロセッサの原理解説, Intel の目指す未来が順を追って説明されています。

intel_muse_in10.jpg intel_muse_pic.jpg

セミナーエリアの周辺を取り囲むように展示が行われている

観光地御用達の顔出し記念撮影ゾーン



intel_muse_in9.jpg intel_muse_in8.jpg

プロセッサが虫眼鏡で見れるのですが...
小さすぎるのと、暗すぎるので良く見えず

プロセッサの歴史が実機と共に展示。残念ながら稼働機は無し。



intel_muse_in7.jpg intel_muse_in6.jpg

Intel のプロモーションの歴史も展示。
Appleに燃やされたバニーちゃんも跳ねています

プロセッサを採るシリコンウェーハーの拡大模型



intel_dress.jpg intel_muse_in4.jpg

製造過程の展示の一環として、クリーンRoom用ウェアの着用も可能。
ただし、着用ステップ1の「Take a drink of water. (水を飲む)」で挫折。

巨大モデルで電流の流れやプロセッサ内スイッチのOn/Offを見たり、スイッチを切り替えてデータの流れを制御出来るプロセッサの仕組み理解も出る



intel_muse3.jpg intel_muse_in5.jpg

"FETCH"・"EXECUTE"・"STORE" という3つのスイッチがナカナカ

素材の違いによる通電率の違いを体感出来る展示



intel_muse_in2.jpg chip_design.jpg

プロセッサにおけるバイナリーの処理方法も体験出来る

電子の移動速度と、手の移動速度を勝負する展示まで有り。
当然...絶対に勝てません。               



Museumの内容は「小学生でもプロセッサの仕組みが理解出来る」らしいのですが...理解出来たのは半分ぐらい。ナカナカ難しいモノです。

Intel Store については、売り場面積が小さいものの、マグやペンなどのグッズ類はナカナカ充実。

ノートやPCバッグ、プレゼンテーション用レーザーポインターまで有るものの、ウェアについては2種類しか無いという実用性重視のラインナップは Intelらしいとも言えるのではないでしょうか。







.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。