.
.
title_expony99.gif
July 1999 MACお宝鑑定団 
counter



各社の広告
EXPO NewYork 99

1999/07/22


・Mac World Liveの模様です。初め当初予定されていたBen Waldman氏が、交通渋滞で間に合わず、急きょMicrosoft社のDick Craddok氏が来て対談を行い、Outlook Express5 for Macintoshのデモをやっている途中にBen Waldman氏が現れ、交代してデモをつづけていました。Outlook5の新機能としては、文字の大きさをアイコンをクリックするだけで大きくしたり、アタッチもドラッグ&ドロップで行えると説明していました。(ドラッグ&ドロップは前からあったらごめんなさい)あとはアタッチしたファイルの状況(どれくらいの大きさか)とか、ミニアイコンが表示され、ダブルクリックするとそのファイルが立ち上がる、といった内容を紹介していました。その後Internet Explorer 4.0 for Macintoshのデモが行なわれました。ブースではやっていなかったはずなので、見られてラッキーでした。あらかじめ質問は係員が配っている紙に書いて渡して最後に答えるという流れでしたが、質問自体は10件位ありましたが、2件位でLive自体が終了してしまいました。なんとか答えてもらった例では「なぜMac版アクセスが出ないのか」でしたが、その答えは、Macの世界でファイルメーカーと張り合う気が無いとのことでした。その後Ben氏が帰ろうとしたので、IME 2000 for Macの件とオフィス2001はいつリリースされるのかという質問をしたら、ちゃんと答えてくれてIME 2000に関しては「絶対ない」とのことで、オフィスの方は「まだ名前も決まっておらず、当然リリースもいつになるかまだ分かりません」とのことでした。

Microsoft.gif


・Powerlogixブース:担当の長門氏(MJ SOFT)
まず最初に、MJソフトの親会社、関東金属鋼業(株)が日本の代理店となり、Powerlogix Japanが設立されました。ちかじかホームページも開くそうです。カスタマーサポート部門もでき、動作不安定の場合は10日以内であれば返品も受け付けるそうです。バルクで引っぱって日本で箱づめ等の作業を行うそうです。また今回Powerlogix社はPerforma6400、5400、PowerMac4400用のL2キャッシュスロット用G3カード「Power Force G3 L2」も発表していました。4400用が8月上旬、5400、6400用は8月下旬だそうです。なおZ-Forceは技術的に問題がある為出荷が遅れており、現時点では8月下旬の予定だそうです。

powerlogix.gif


・PowerForce G3 233/512K $289 to $249
・PowerForce G3 300/1M $479 to $399
・PowerForce G3 400/1M $679 to $599
・PowerForce G3 ZIF 466/1M $629(変っていない)

そして日本の価格ですが、この値段より安く提供したいと長門さんはおっしゃっておりました。(いずれも8月上旬出荷予定)

・PowerForce G3 233/512K:32800円
・PowerForce G3 300/1M:49800円
・PowerForce G3 400/1M:79800円
・PowerForce G3 466/1M:99800円 

・Power Force G3 L2 240/512K:29800円
・Power Force G3 L2 320/1M:49800円
・Power Force G3 L2 400/1M:79800円

・PowerForce G3 ZIF 466/1M:89800円(PowerMacG3 B&W)用
・Z-Force:19800円


・Appleブース:iBookの電源ケーブルとの接続部分は、まわりがランプになっていて、充電がおわると緑になります。それとなぜiBookが2色かについて質問すると、一人はJobs氏しかわからないと答え、もう一人は、アメリカでは、ブルーベリーとタンジェリンが売れてるからじゃないかということでした。また日本での発売時期は、9月、アメリカと同時になるとのことでした。

ibook.gif


・Macintosh Game Chanpionshipの会場の風景です。ここでMacの有名どころのゲームの協議会がありました。ゲームによって時間表がある所が笑えますが、やってる本人は真剣になってキーボードをたたいていました。あまりジョイスティックを使用せず、キーボードだけでやっていたのが印象的でした。

mgc.gif


・TOMB RADERシリーズのヒロイン(名前があったと思います)の実サイズ人形です。このシリーズの3のMac版がデモンストレーションされていました。あと別の場所でFLY!のデモンストレーションがありましたが、発売はもう少し先だそうです。

tombrader.gif


・Adobeブース:InDesignはアメリカで8月リリースの事なので日本語版はもっと遅れると思います。その分PhotoShop5.5がフィーチャーされていました。デモもほとんどPhotoShopでした。あとこれはMacroMediaもそうだったんですが、いやにブースが小さいなあと感じました。

Adobe.gif


・BUNGIE softwareブース:基調講演でも出てきた「HALO」というゲームと会場で大々的にデモをしていた「ONI」は来年リリースとのこと、しかしイケショップではデモンストレーションビデオがありました。あれ?

BUNGIE.gif


・IxMicroブース:AGPについて聞いてみましたが、「私どもはスタンダードPCIオンリー」という答えが返ってきました。

IxMicro.gif


・Mactellブースで担当のGreg Snyder氏にVision 3D Evil Eyeカードについて聞いてみたところ、作っているのは3dfxだそうです。発売時期は3週間後(アメリカで)、日本はフォーカルポイントから発売されるそうです。ドライバーはMactellオリジナルだそうです。PowerMacG3(B&W)の66MHzバスに対応してていないとのことです。

Mactell.gif


・XLR8 by Interexブースで担当のMark Freeman氏に質問してみたところ、MacCarrier G3はZIFソケットを使用し、G3のみでなく、G4にも完全対応するそうです。ちなみにPro G3のPowerPCはPPC750L-EBOA450で別のCPUアクセラレータカードのPowerPCはPPC750L-DBOA400でした。

XLR8.gif


・Vision Thing Liveレポート
まず司会者が、パネリストに自己のプロモーションは禁止、皆さんフェアに行きましょうということで始まりました。基本的には5つのトピックについてパネリストがディベートするという感じでした。結構笑いが絶えませんでした。アップルは死んだといってみたり、アンチマイクロソフトという言葉もあったりでした。オグラディ氏はあまりしゃべらなかった様な気がします。

vtl.gif


・O'Grady's PowerPageを主催するJason Ogrady氏

ogrady.gif



.
.
Copyright (C) 1999 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。
GigaHit