.
.
Macworld Conference & Expo/New York 2002 Macworld Conference & Expo/New York 2002
July 2002 MACお宝鑑定団 
counter

7月18日 AppleRetailStore SoHoレポート

・7月18日(木)にマンハッタンにおける初のアップル・リテイル・ストアがオープンした。場所はファッションの街SOHO。郵便局の建物をそのまま使ったもので,それまでとは一風変わったものである。

初日には大勢の熱心なユーザが朝早くから列を作り,オープンの午前8時を待つ。定刻どおりにショップは開かれた。ショップスタッフが花道を造り,迫力あるロックのリズムに乗せて手拍子を取りながら顧客を迎える。終始歓声が飛び交い,握手やハイタッチが行われている。

この独特の熱狂はその場に居合わせなければわからないかも知れない。とにかくロックコンサートのノリなのだ。ショップスタッフも顧客も,皆がAppleという“チーム”のMacという“アーティスト”を熱烈に支持しているのだという共有感を全身で表現している。

もうすでに31店舗のリテイル・ストアが北米でオープンしているが,これまだマンハッタンには作られていなかったというのが不思議なくらいである。そういう焦燥感も地元の人にはあったろう。それが一気に爆発したパワーを感じる。

store.jpg


 マンハッタンは土地代が高いせいか,ショップはワンフロアーではなく,2階も使っている。そして中央の扉から2階への階段は,ガラス上の美しいボンダイブルーで装飾されているのが,いかにもAppleである。

ストアは1階にMac本体とレジ,2階にはソフトウエア,周辺機器,Kidsコーナー,ジーニアス・バー,デモンストレーション・コーナーがある。もちろん前日に発表された17インチの液晶iMacや,20GBのiPodも展示されており,親切なスタッフが説明に追われている。

オープンしてから30分程経つと,CEOスティーブ・ジョブズがショップに現れた。すでに入場の時から来場者は店内の写真を撮り続けているが,この時はほとんどのカメラがスティーブに向いていた。

Tshut.jpg


オープン初日は来場者にもれなくそのショップのネーミングが入ったTシャツが配られる。透明の筒に入った洒落たデザインだ。開けてその場で着て店内を歩いている人も見かけた。

リテイル・ストアのオープンの熱狂はニュースでは聞いていたし,昨年のNYのエキスポの基調講演で第1号店のオープンの様子がムービーで流されたりしていたが,筆者はもちろん初めての体験である。Appleが提唱しているShop Differentというスローガンはだてじゃない。スタッフの笑顔を見ていてそう強く関心せざるをえない。オープン初日に訪れた人には全員にSOHOのロゴが入ったTシャツが配られていた。嬉しいお土産である。


.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。

Reporters
・秋山 公良 (Kimiyoshi Akiyama)